1. TOP
  2. 健康
  3. 産後の抜け毛はいつまで続くの?原因と対策教えます!

産後の抜け毛はいつまで続くの?原因と対策教えます!

ご出産おめでとうございます!

さてそんな中、抜け毛でお悩みですね?

ただでさえ育児で忙しいのに、お風呂の排水溝や枕の上、床などに大量に落ちている髪の毛を見ると、悲しくなったり焦ったりしますよね。

ここでは、気になる「産後の抜け毛いつまで続くのか」、「原因対策」について一緒に考えていきましょう!

 

原因からみる産後の抜け毛、いつまで続くの?

気になる産後の抜け毛は、いつまで続くのでしょうか?

個人差があるようですが、早い人では、産後6ヶ月程度、遅い人でも産後1年程度で戻ります。

どうして、そのくらい掛かるのでしょうか。

それは、原因から見ることで明らかになってきます。

 

主な原因はホルモンバランス

妊娠中に活発になっていた女性ホルモンの働きが落ち着く

妊娠中は、赤ちゃんを守り育てるために女性ホルモンのはたらきが活発になります。

実は、今ごっそり抜けている髪の毛は、妊娠中に抜けるはずだった髪の毛がホルモンバランスが妊娠前に戻りつつある今になって、抜けていると言われています。

長い人では、ホルモンバランスがほぼ妊娠前の状態になる1年くらい続くこともあるようです。

ほとんどの方が、産後2ヶ月~5ヶ月くらいに抜け毛のピークを迎えることが多いようです。

 

ストレス等により乱れるホルモンバランス

  • 出産後の生活習慣の変化
  • 育児のストレス
  • 産後のダイエット
  • 加齢

これらによってもホルモンバランスは変化します。

出産後は、赤ちゃんを中心とした生活になり、夜中に起きて色々と世話をすることになりますよね。

睡眠不足によってもホルモンバランスが変化します。

 

また、慣れない育児によるストレス、睡眠不足によるストレスによってもホルモンバランスが変化します。

頑張ってダイエットをすることや、加齢もホルモンバランスが変化する原因です。

 

そして、特に産後6ヶ月間は出産の影響が大きく残っている時期です。

妊娠中に太ってしまったからと、産後すぐからダイエットに取り組むお母さんも増えているようですが、身体に過酷なストレスを与えていては、抜け毛からの回復は遅れてしまうでしょう。

 

健康な状態でも過酷なダイエットは脱毛を起こします。

授乳中はもちろん、産後しばらくは免疫力が落ちていることがありますので、ダイエットは産後脱毛を長引かせることにつながりかねません。

 

ホルモンバランスを乱す要因は以上の通りです。

加齢以外は、そのうち解消される原因です。

一時的なものですので、気にしないでいれば抜け毛はそのうち治まることでしょう。

 

抜け毛は気にしない!

繰り返しになりますが、抜け毛は最大1年ほどで解消されます。

産後の抜け毛はほとんどの人に起きることです。

誰もが通る道なので、あまり気に病まずに、割り切ってしまうことが大切です。

 

健康な人でも1日に70~80本くらいは自然に抜けているのです。

それが少し増えただけと考えれば、気も楽になるのではないでしょうか。

 

やっぱり気になる産後の抜け毛、色んな対策教えます

「一時的なものだから気にしないで」

と言われても、どんどん抜けていく自分の髪を見て、まったく動じないというのも無理な話ですよね。

ただ、気にしすぎるとそれがストレスになって、ますます悪循環になります。

そこで、以下では色んな対策をご紹介します。

 

ホルモンバランスを改善し、抜け毛を減らすには、早寝早起きを基本とした規則正しい生活を行うことが大切です。

大切なのですが…

育児をしながらの規則正しい生活なんて、難しい、というか無理ですよね。

ですので、以下でご紹介しますのは、それ以外の方法です。

 

食べ物で対策!摂りたい栄養素と食品

タンパク質

タンパク質は大豆や肉、卵に多く含まれています。

授乳も頻繁だし、なかなか自分にまで手が回らない。

そんなときは、女性ホルモン様作用のある大豆イソフラボンを積極的に摂りたいですね。

ミネラル(亜鉛・鉄分)

主にわかめやひじきに含まれているミネラルは、髪を育ててくれます。

また、漢方では頭髪を「血余」と呼びます。

つまり、母乳をあげているとどうしても栄養を取られてしまうので、レバーやプルーン、ほうれん草、小松菜など、鉄分豊富なものをしっかり食べて血液を作り出す手助けをしていきましょう。

カルシウム

牛乳・小魚などに含まれるカルシウムは髪につやとコシを与えます。

特に産後はカルシウムが不足がちになります。

骨粗しょう症を防ぐためにも摂ったほうがいいですね。

ビタミンB群

ビタミンB群は主に、豚肉、レバー、魚に含まれています。

頭皮の環境を整えたり、代謝を促す効果があります。

ただ、ビタミンB郡は水溶性なので、鍋や煮物にするより、焼いたりして食べるといいですね。

 

気になる産後の抜け毛、毎日のお手入れで対策!

まず頭皮を清潔に保つことと、ダメージを与えないことが大切です。

シャンプーをスカルプケアタイプのものにしたり、髪にハリやコシを与えてくれるタイプのものにするのも良いでしょう。

頭皮にダメージを与えるカラーリングやパーマなどもしばらくは控えたいですね。

ドライヤー

ドライヤーの熱などもダメージになりやすいので、おすすめは髪の毛を今よりも短めにすることです。

ドライヤーで乾かすのも短時間で済みますし、何より長い髪だとすごく抜けているように感じるのも事実ですので、精神的にもちょっと楽になりますよ。

頭皮用のマッサージエッセンスや、髪に良いと言われているミレットエキスなどのサプリメントを摂ることで気持ちも楽になるかもしれません。

 

ポイントをおさえた生活で対策!

赤ちゃんのお世話だけでなく、家族のことなど、やらなくてはいけないことがたくさんあって、抜け毛のピークの時期は、産後すぐから続く睡眠不足などからくる疲れが、どっと出る時期と重なります。

もちろん、ママにしかできないお世話もあるかもしれませんが、赤ちゃんが眠ったときなどに一緒に睡眠を取るなどして、体を休めて下さいね。

そして、自分のことはついつい後回しになってしまいがちですが、温かくてバランスの良い食事を心がけることも大切ですよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

産後の抜け毛は、10ヶ月になる子どもがいる私も、つい先日乗り越えたばかり。

ピークは今回ご紹介した通りの産後2ヶ月~5ヶ月くらいでした。

実は今も抜けたあとに生えてきた短い髪の毛で、前髪あたりがツンツンしていて、どうしたものかと困っていたりもしますが、必ず抜け毛は止まります。

渦中にいたときには私も本当に悩みました。育児に必死になっていたら、いつの間にか抜け毛がおさまっていたというのが現状です。

今、悩んでいるあなたの抜け毛もきっとおさまりますので、大丈夫ですよ。

 

やっと生えてきた!と思ったら

前髪あたりがツンツンして困っちゃうんです。

そんなときには、次の動画をご覧ください。

 

乳幼児期に関する記事

生後~1歳までの赤ちゃんの成長の平均。詳細はコチラ

「母乳が出ない」「赤ちゃんがミルクを飲んでくれない」とお悩みならコチラ

大学卒業までの子育て費用の詳細はコチラ

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

mnn

mnn

主婦。1児の母。

大学卒業後、アパレルメーカーから化粧品業界へ。地方百貨店で売上NO.1を達成後、化粧品とサプリメントの開発に携わる。結婚を機に退職、九州男児と乳児の3人家族。

趣味はバレーボールと食べ歩き。


この人が書いた記事  記事一覧

  • あごのニキビはマスクが原因?マスクで悪化するニキビしないニキビ

  • 早急にあごニキビを治すために、すぐ始められる10のこと

  • あごのニキビがかゆい!かゆみを和らげるためにできることは?

  • でかい痛いあごニキビができたときどうすればいい?根が深いならホルモンバランスのせいかも。