1. TOP
  2. 健康
  3. 早急にあごニキビを治すために、すぐ始められる10のこと

早急にあごニキビを治すために、すぐ始められる10のこと

健康
 

あごを気にする女性

あごニキビ、コンシーラーで隠すにも限界があって、すぐにでも治したいですよね。

「洗顔はしっかりしてるのに治らない」「ケアもしっかりしてるのに治らない」ということもあるかと思います。

でももしかしたら、あなたが気づいていない部分でケアができていないのかもしれません。

ということで今回は、あごニキビ早急に治すために、すぐに始められることを紹介します。

「なぜそのケアが必要なのか」ということを、あごニキビの原因からも見ていきます。

5391

あごニキビを治すためにすぐできる10のこと

まずは自分でできることから紹介していきます。

 

1)洗顔等のケア

朝と夜、1日2回の洗顔、できていますか?

洗う回数が少ないのはもちろんいけませんが、洗う回数が多いのもいけません。

 

洗ったあとのすすぎも大事です。

洗顔料が残っていたら、それが刺激となり、ニキビにつながります。

 

そして洗ったあとのケアはできていますか?

洗顔後、すぐに化粧水を塗っていますか?

その上から乳液かクリームを塗っていますか?

保湿は欠かせません。

 

洗顔とケアについては、具体的な手順をつぎの記事内でお話しています。

タイトルには“もみあげ”と書いていますが、あごニキビのケアでも洗顔とケアはまったく同じですので安心してご覧ください。

もみあげニキビを治す方法!これだけやって治らないなら早く病院へ!

 

2)汚れに注意

「顔を洗ってOK」とはいかないのが汚れです。

顔に近づけるものは、きれいですか?

 

  • 枕カバー
  • スマホ

そして手。

清潔にしましょう。

 

化粧したまま寝ることも不衛生です。

これは朝と夜の洗顔ができていれば大丈夫ですね。

 

3)皮膚へのダメージ軽減

皮膚にダメージを与えると、肌のバリア機能が低下します。

では、何をしたら肌にダメージを与えてしまうのでしょうか?

 

わかりやすいところだと、カミソリです。

顔のうぶげを剃ったときに傷つけてしまっていることが考えられます。

 

太陽光、とくに紫外線は肌にダメージを与えます。

日焼け止めを塗ったり、日傘や帽子をかぶることで和らげることができます。

 

4)食生活の改善

食事

バランスの良い食事をしましょう。

暴飲暴食もいけません。

女性ホルモンに近い働きをしてくれる、大豆イソフラボンを多く含む食品、豆腐や納豆をちょっと多めに食べるのがいいでしょう。

 

5)ほどよい運動やマッサージ

ウォーキング程度でいいので、少しでも運動をしましょう。

家でできる範囲なら、軽いエクササイズで体全体の血液循環を良くしてあげるのがおすすめです。

動画をご覧いただくのがわかりやすいでしょう。

 

マッサージまでできるとなおいいですね。

マッサージの手順例は

  • 鎖骨まわり(毒素の排出口)をやさしくさする
  • 両手の親指と人差し指で、あごを軽くつまんで、耳に向かってずらしていく
  • 耳の後ろまで親指が到達したら、そのままうなじを通って鎖骨まで指を移動させる

このマッサージを数回繰り返すだけでも、リンパの流れがスムーズになります。

 

小顔効果まで狙うなら、少し手数を増やしましょう。

こちらも詳しくは動画をご覧ください。

 

6)睡眠時間の確保

眠る女の子

適切な睡眠時間は個人差がありますが、1日6時間は寝ましょう。

これも個人差がありますが、朝起きて夜寝る生活リズムなら、夜10時~深夜2時あたりが成長ホルモンが出やすいです。

早寝早起きを心がけましょう。

 

7)ストレス解消

健康的なストレス解消法を見つけましょう。

「病は気から」という言葉もあります。

ストレスをため込んでしまうことは、万病のもとです。

ストレス解消については、つぎの記事に詳しく書いてありますので、気になったらご覧ください。

【イライラ解消法】ストレスで病気になってしまう前に試してみて!

 

8)市販薬

一時的に治まってそれでOKでしたら、市販薬に頼るのもアリです。

ただしケアができていなかったり、体質的な話だったりすると、すぐに再発します。

 

ここまでが、自分でできるケアのお話でした。

つぎのふたつは、病院です。

9)皮膚科に行く

塗り薬とお薬手帳

「ニキビくらいで」と思われるかもしれませんが、市販薬に頼るくらいなら病院に行った方が安くて安心です。

待ち時間はありますが、治るまでの時間を考えれば皮膚科がベターです。

「ベター」とは言っても、絶対に治るわけではありませんし、ケアや生活習慣が今まで通りであれば、再発します。

体質的な問題が根本にある場合も、治るまで、再発しなくなるまでには時間がかかります。

皮膚科に行って治療を受けた人への独自アンケートもありまして、「治るまでにどれくらいの期間・費用がかかるか」の参考になりますよ。

あごニキビに対して皮膚科で行われる治療。実際に治療を受けた人に聞いてみました。

 

10)歯医者に行く

虫歯や歯周病があるときは、すぐ歯医者での治療を受けましょう。

ここまでが、あごのニキビを早急に治すためにできることでした。

ではなぜ、こういった対応を紹介したのでしょうか?

あごニキビができる原因を知れば、「なるほど」と思ってもらえると思います。

あごニキビができる原因って何?

まずザッと紹介しますと、

  1. ターンオーバーの乱れ
  2. ホルモンバランスの変化
  3. ストレス
  4. 睡眠不足
  5. 偏った食事
  6. 紫外線等によるダメージ
  7. 皮脂
  8. 体の外からの汚れ
  9. 体の中の汚れ
  10. 虫歯や歯周病

が原因にあります。

どれかひとつだけが原因ということはなく、ストレスがホルモンバランスを変化させ、肌の質を変化させたり、

逆にホルモンバランスの変化のせいでストレスが溜まりやすくなったりします。

 

肌が弱くなっているところに外部から刺激があれば、敏感に反応してしまいます。

肌に現れている変化はニキビですが、体の内部ではいろいろな要素が絡み合っていますので、総合的な対策が必要になってくるのです。

 

ここからは、原因をひとつひとつ見ていきましょう。

1)ターンオーバーの乱れ

肌

古くなった肌の細胞が剥がれ落ち、新しい細胞が内側から出てくることを、ターンオーバーといいます。

これがスムーズに行われていれば、肌はみずみずしさを保ち、ニキビになりにくいです。

ターンオーバーが正常に行われなければ、肌の表面では古い細胞が厚くなり、カサカサになります。

カサカサ状態ではバリア機能が低下して、ちょっとしたダメージがニキビにつながります。

 

2)皮脂

皮脂は肌の水分保持のために必要なものです。

しかしカサカサを防ぐために皮脂の分泌が増えれば、今度はその皮脂がニキビの原因になってしまいます。

「ほどほどにしてほしい」と思いますよね。

しかしホルモンの影響を受けていますから、多くなったり少なくなったりするのは仕方のないことです。

 

ただ、洗顔したあとにケアをしないと、肌を守るために皮脂が多く分泌されます。

せめて化粧水と乳液で、肌の水分を守りましょう。

そうすれば皮脂の過剰な分泌を抑えることができます。

 

3)ホルモンバランスの変化

バランス

とくに女性は、生理でホルモンバランスが変わります。

生理前になるとニキビができやすくなるという人は多いです。

なぜでしょうか?

 

生理前になると、エストロゲンの分泌は少なくなり、プロゲステロンの分泌が多くなります。

エストロゲンは女性らしさを作るホルモンですから、それが減り、プロゲステロンの分泌が増えるということは、

「ちょっと男性っぽくなる」ということです。

これによって何が起こるでしょうか?

 

皮脂の分泌が多くなるのです。

さっきも言いましたが、必要な分だけ分泌されていればいいのですが、過剰に分泌されることもあり、それがニキビの原因になります。

 

4)ストレス

人はストレスを感じたとき、男性ホルモンの分泌が増えます。

男っぽくなる、つまり、皮脂の分泌が増えてしまうのです。

 

5)睡眠不足

睡眠不足だと、あなたはどうなりますか?

イライラしやすくなりませんか?

そしたら男性ホルモンの分泌が増えます。

 

また、成長ホルモンの分泌にも支障が出て、ターンオーバーもスムーズに行かなくなります。

睡眠不足はいいことがありません。

 

6)偏った食事

肌を内部から整えるためには、ビタミンやたんぱく質が必要です。

偏った食事では肌を整える力が弱くなり、古い細胞が表面に残り、カサカサになります。

 

こうして「ビタミンやたんぱく質が必要」と書くと、「それだけ意識していればいいんだ」と思ってしまう人もいるでしょうが、

本当にそれだけでいいのでしょうか?

 

例えばですが、摂取カロリーが足りていなければ、生きるために必要な部分が優先的にエネルギーを使いますから、

肌を整えるためのエネルギーが足りないということも起きます。

「ダイエットして肌がボロボロになった」という人がいるのは、栄養が偏ってしまったことと、エネルギーが足りなくなったことが原因と考えられます。

 

食事はバランスよく、必要なエネルギーはとることが大事です。

そうすれば、肌が自然に整うベースが出来上がります。

 

7)紫外線等によるダメージ

空

紫外線は、肌の細胞を傷つけます。

若くて健康ならターンオーバーが正常に行われていますので、よほど太陽に当たりすぎなければ大丈夫なのですが、

ケア不足だったり生活習慣が良くなかったりすれば、ダメージが残ります。

 

8)体の外からの汚れ

ほこりや雑菌です。

身の回りのものを清潔にしまょう。

 

9)体の中の汚れ

人体模型

体の中の汚れって、何でしょうか?

「私は汚れてなんかいない」と思うかもしれませんが、いろんな老廃物があるんです。

 

例えば私たちの体の中では、雑菌やウイルスと、白血球が戦っています。

戦って、死んで、そのままにしておくわけにはいきませんよね。

 

また、細胞はどんどん老化して、やがて死に、新しい細胞に置き換えられます。

そういった、雑菌・ウイルス・白血球・細胞等の死がいが老廃物です。

 

ところで白血球が雑菌やウイルスと戦っている場所は、どこでしょう?

そう、おもにリンパ節です。

リンパ節で戦って、老廃物ができて、なんやかんやあって、尿や便として体から排出されます…普通は。

 

ここでもし、何らかの理由でリンパの流れが悪かったらどうなるでしょうか?

そう、白血球がスムーズに雑菌やウイルスと戦えません。

雑菌やウイルスの視点で見ると、「十分に悪さをする時間がある」ということです。

 

じゃあ、リンパの流れを良くするためには、何ができるでしょうか?

それが、運動とマッサージです。

 

10)虫歯や歯周病

虫歯

これも体の中の話に近いですが、虫歯や歯周病がひどくなって、喉の横のリンパが腫れた経験ありませんか?

あれって何で腫れるかっていうと、虫歯や歯周病の菌と活発に戦っているからなんです。

リンパ管の中はバイ菌が増えている状態です。

 

リンパ節でスムーズに処理できればいいのですが、さきほど言いましたように、リンパの流れが悪いとスムーズにいきません。

そしてバイ菌の数が多すぎても、スムーズにやっつけることができません。

結局、悪さをする時間を与えてしまうことになります。

 

リンパの流れを良くするためにできることは、少し前に紹介しました。

あとはリンパ管の中のバイ菌を減らすために、歯医者に治療に行けばOKです。

まとめ

あごニキビを早急に治すためには、すぐにでもできることの積み重ねが大事です。

ニキビの原因も紹介しました。

どれか心あたりがありましたよね?

まずはそれに応じた対策を優先的に進めてみてください。

早く治したいなら、心当たりのものをひとつずつクリアしていきましょう。

 

ケアはできるだけ手軽にできるよう工夫しておくことが、ケアを続けてニキビを遠ざけるための、大きなポイントです。

ケアを簡単にできるアイテムをひとつ紹介して、今回の記事を終わります。

メルラインならニキビケアだけでなく美白や保湿の手間も省けてしっとりモチモチ肌に!仕事や家事が忙しくても続けやすい!

あなたのあごニキビが、すぐ良くなりますように。

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

あごを気にする女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

mnn

mnn

主婦。1児の母。
大学卒業後、アパレルメーカーから化粧品業界へ。地方百貨店で売上NO.1を達成後、化粧品とサプリメントの開発に携わる。結婚を機に退職、九州男児と乳児の3人家族。
趣味はバレーボールと食べ歩き。

この人が書いた記事  記事一覧

  • あごのニキビはマスクが原因?マスクで悪化するニキビしないニキビ

  • 早急にあごニキビを治すために、すぐ始められる10のこと

  • あごのニキビがかゆい!かゆみを和らげるためにできることは?

  • でかい痛いあごニキビができたときどうすればいい?根が深いならホルモンバランスのせいかも。