1. TOP
  2. 健康
  3. 【つわり軽減4つの方法】マタニティライフを楽しく過ごすために

【つわり軽減4つの方法】マタニティライフを楽しく過ごすために

健康
 

妊娠がわかって嬉しいのも束の間、やってくるのがつわりです。

これをお読みになっているあなた。

今は辛い時期でしょう。

ただ、つわりは必ず終わりがあるので大丈夫!

安定期までは赤ちゃんの成長が早いので、それに体がついていかないだけなのです。

さて、今回はそんなつわりを少しでも軽減して、辛い時期を乗り切る方法をご紹介します。

 

つわりを軽減する4つの方法

  • りんごを食べる
  • 起床時に一杯だけ白湯を飲む
  • アロマでリラックスする
  • パズルなどで気を紛らわせる

以上、4つです。

以下では詳細に見ていきます。

 

つわりにはりんごが良い

りんご

つわり経験者の皆さんが結構りんごはさっぱりして食べやすいといいます。

さっぱりと食べやすく、なんとりんごには吐き気止めの効果があるので、つわりを軽減できるのです。

りんごにはペクチンという食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維は整腸作用が強いので、胃の病や下痢や便秘の予防効果も期待されます。

便秘にもいいし、吐き気止めにも効果があるのです。

一日一個を目安に食べるといいでしょう。

すりおろしてりんごジュースにしても同様な効果が得られます。

 

朝起きたらお白湯いっぱいを飲む

水

便秘対策に朝、一杯の水を飲むとよく言われますが、つわり対策にもお白湯は有効です。

お白湯の効果は色々ありますが、内臓が温まるので、弱っていた内臓の働きが活発になり、胃腸の調子を整えてくれます。

なのでつわりを軽減してくれるのです。

アレンジをして生姜などをいれるのもおすすめです。

朝から沸かして冷ますのは大変でしょうから、前日の夜に沸かしておくのが良いでしょう。

 

アロマでリラックスしましょう

ミント 植物

アロマは自然の香りがいいでしょう。

あまりきつくないペパーミントやレモンングラス、さっぱりしている柑橘系のものがおすすめですが、好みがあるので自分にあったものを選びましょう。

マッサージでは使用していけないものもあるので、ディフューザーでたく程度にしたほうがよいでしょう。

ぜひ、アロマでつわりを軽減させましょう。

 

パズル雑誌などに集中して気を紛らわせる

パズル雑誌をしていると結構集中して気を紛らわせることができます。

そして懸賞に応募して当選すれば一石二鳥!!

この機会にパズル雑誌など自分ができそうなものをしてみてはいかがですか。

そうするとつわりを軽減できるどころか忘れてしまっているなんてこともありますよ。

「こんなのがあるなら、もっと早く知りたかった!」と評判の妊娠線クリームとの出会い…

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、つわりを軽減させる方法を紹介しました。

つわりの期間は本当に長く感じるものです。

そしてつわりがひどいと外出もできない状態になってしまいます。

この機会に家でのんびりマタニティライフを満喫してみましょう。

見ていなかったドラマや映画をみて楽しむのもいいかもしれません。

のんびりできるのも今のうちと思って色々家で楽しめるようなものを探してみてはいかがですか?

また、気分がいいときは、少し外にでて自然の空気を吸ってリフレッシュしてみてください。

今がどんなにつらくても、つわりには必ず終わりが来ます!

あなたに、有意義なマタニティライフがおとずれますように。

 

つわり関連記事

つわりは、いつからいつまであるのでしょうか?

まだまだあります!つわり対策・対処法!

妊娠して、つわり以外の変化が表れていませんか?

足のむくみが出てきたら

下痢が増えていませんか?

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

指を立てる女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ひつじ

ひつじ

「ダイエットはマインドセット次第」という究極の結論にたどり着いた人。


ダイエット記事では、ちゃんとやる人にはやさしく、やる気がない人は蹴り返す勢いです。


「ちゃんとやる人は痩せます。保証します。」


この人が書いた記事  記事一覧

  • マンション・アパート最上階の暑さ対策!引っ越してはじめて気づく暑さ

  • 産後のお見舞い手土産ベスト3+α!病院へ伺うときの注意点も

  • 七五三は数え年でも満年齢でもいい。経済的には来年が吉。

  • 七五三は、早生まれはいつやるものか。スムーズにお参りするために。