1. TOP
  2. 健康
  3. ガチャ依存?ゲーム自体が楽しくなくなってるなら、けっこうヤバい。

ガチャ依存?ゲーム自体が楽しくなくなってるなら、けっこうヤバい。

健康
 

私たちは、どうしてゲームをするのでしょうか?

 

あ、ここで言ってるゲームって、アレですよ。

プレステとかSwitchとか、スマホアプリゲーとかブラウザゲームとかですよ。

サッカーとか野球とかそういうのじゃありませんからね。

 

前置きここまで。

 

ゲームするのって、楽しく過ごしたいからですよね?

 

でも、気づいたときには、ガチャを回すことでしか、ガチャを回す瞬間しか、ワクワクしなくなくなっている。なんてことはありませんか?

 

実は私も一時期、あるプラウザゲームにはまっていて、月に1~5万円をガチャに注ぎこんでいました。

ガチャを回すことでしか楽しさを維持できなくなって、課金し続けて、総額25万円超。

 

「あのお金があれば、もっとおいしいものを食べられただろうに」

「あのお金があれば、もっとおいしいお酒を飲めただろうに」

「あのお金があれば、もっと子供たちに絵本やおもちゃを買ってあげられただろうに」

「今こんなにお金カツカツじゃなかっただろうに」

 

お金持ちの方々にしてみれば大した額ではないかもしれませんが、

私には、後悔しかありません。

 

もしあなたが今、ガチャゲーにハマっているようなら、けっこうマズいです。

私と同じように、そのうち後悔します。

 

そしておそらくこれは、ギャンブル依存症に近いです。

 

早く対処しないと、ガチャの結果にイライラし、そのイライラを解消するために、ガチャを回すためにお金を使うようになるでしょう。

その満足感は一時的。

またしばらくしたら、ガチャを回したくなるのです。

 

脳がイカれていきます。

私には、そんな感覚がありました。

 

「これだけ回したんだから、当たらないのはおかしい。もうすぐ当たるはず」

「あとちょっとだけ。ちょっとだけ…」

「ここまでお金使って、いまさら止められない」

 

どんどんガチャに使うお金は膨らんでいき、歯止めが効かなくなっていきます。

 

ガチャゲーにハマっていくと同時に、ほかのいろんなことが、楽しくなくなっていきました。

 

最初に楽しくなくなっていったのは、ガチャがないゲーム。

「刺激が足りない」と感じるようになっていきました。

 

気づいたときには、大好きなはずの妻に近づかれ、

「大好きだよ」と言われても、なんとも感じなくなっていました。

むしろ近づかれること自体を拒否するような状態でした。

 

今思えば、ゲームに課金しまくっている後ろめたさもあったと思います。

基本的に、イライラした態度を取ってしまっていました。

 

気分が落ち着いているのは、ひとりでゲームをしているときだけ。

それでも、ガチャで外れたときはイライラしていました。

 

そして一人で静かにゲームをするために夜更かしが増え、寝不足がデフォルトになりました。

もちろん、寝不足もイライラの原因です。

 

結局、ガチャゲーにハマっている間の私は、イライラしていない時間というのは、一日の間でほんのわずかな時間になっていました。

 

イライラしてゲームを始めて、課金してガチャ回して当たればラッキー、

外れたらさらにイライラして、課金がノンストップ。

 

完全に、ギャンブル依存症です。

 

あなたは、そんな自分でいいと思いますか?

 

私は、そんな自分に嫌気がさしたのです。

 

あなたの生活が、人生が破綻する前に、早く対策を。

 

参考:“ギャンブル依存症” 明らかになる病の実態-クローズアップ現代

 

私のガチャゲー対策

私は、あるブラウザゲームにハマって、月1~5万円を使っていました。

同時に、スマホアプリゲームにも課金しつつありました。

 

お金を使わずに済むように、私はそれらに近づかないことにしました。

簡単にゲームを始められないようにしたのです。

具体的にどうしたかというと…

 

ブックマーク削除

ブラウザゲームはブックマークを削除し、簡単にアクセスできないようにしました。

それでも検索してアクセスしてしまうようだったら、パソコンでhostsファイルをいじって、さらにアクセスの手間を増やすつもりでした。

 

アプリ削除

スマホアプリゲームのほうは、思い切ってアンインストールしました。

ほかのアプリを起動するときに、ゲームのアイコンが目に入ったら、やはり気になってしまいますからね。

 

ほかの趣味を見つける

ゲームから手を引いてすぐは、

「何も楽しいことがない」という気持ちになりやすく、またゲームをやりたくなりやすいです。

それでもあきらめずに、あなたの人生を豊かにしてくれる、何かを探すのです。

 

まとめ

楽しさを求めてゲームを始めるのはいいのですが、そのゲームを始めたせいで、ゲームをしている時間以外が楽しくなくなり、生活全体で見てマイナスになっているようなら、

豊かな生活・人生を送るためにも、そのゲームは早めに切りましょう。

 

あなたがお金持ちでないなら、ガチャゲーは絶対にダメです。

依存症になって、人間関係・経済面、いろんなところが徐々に崩壊していきます。

 

すでに依存症の自覚がある人や、「なりかけてるな」と思った人は、早めに対策を。

まずはブックマーク削除やアプリ削除をして、ゲームを起動しにくくすることからはじめてみましょう。

 

なお、私は一度ふんぎりをつけて一切のゲームをやめたものの、子育てで仕事が思うように進まないストレスから、ガチャ依存が再発してしまいました。(※私は自営業で妻は会社員なので、子供が体調を崩すと保育園に預けられず、昼の子供の世話は私がすることになる)

 

今の私は、アマゾンのプライムビデオを見て、自主的にリハビリを行っています。

ハマっているのは、“この世界の片隅に”です。

日本の第二次世界大戦中の様子を、若い女性を主人公として描いたもので、かなりのリアリティをもって、心に響いてきます。

ということで、最近レビュー記事を更新しまくっているのです(笑)

→““この世界の片隅に”は限りなく実話に近い【感想・ネタバレ】

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ローシュ

ローシュ

・らくらくらし運営責任者
・熊本出身在住
・二児の父
・九州大学経済学部経済工学科卒

塾講師、介護職、食品製造業を経験したのち、より世の中に役立てるよう、インターネット事業に専念していましたが、それだけでは生計の維持がきびしくなったため、アルバイト(接客業)も並行しています。

おいしいものを食べる・飲むことが幸せだと、最近よく感じるようになりました。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ケンタッキーでサイを指定する裏技

  • ケンタッキーの最新クーポン画像と番号一覧

  • 他者をぞんざいにする人は、ぞんざいな扱いを受ける。しかし一番自分を大事にしていないのは、自分自身。

  • 氷結デリシャスは、マジでデリシャス!