1. TOP
  2. 健康
  3. 疲れ目軽減・視力回復したい人のための、目のサプリメントの選び方

疲れ目軽減・視力回復したい人のための、目のサプリメントの選び方

健康
 

の健康を維持・回復するために、どんなサプリがいいんだろう?」
「本当に効くのはどれだろう?」
と思いますよね。

ハッキリ言って、効果があるかどうかは
“あなたがそのサプリを信じられるか”
にかかっている部分が大きいです。

本当は効くものでも、疑っていたら効果は弱くなりますし、
本当は効かないものでも、信じていたら効きます。

結局はプラセボ効果で、信じたらその通りになっていくのが人間です。

では、どうやったらあなたはそのサプリを信じ、目の健康を回復できるでしょうか?

成分?
メーカーの信頼度?

ここでは成分から見ていきますが、
「この成分なら効果ありそうだ」と感じられる(“感じられる”これ大事)成分についてのみ解説します。

視力回復につながりそうな成分

成分

  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • アントシアニン

です。

ルテインとゼアキサンチンは目の中、網膜で働いていて、
太陽光やブルーライトの刺激から守ってくれている成分です。

また、目のコントラスト感度を高め、色をはっきり識別するためにも重要な成分です。

アントシアニンは、ブルーベリーやビルベリー、紅いもに含まれる成分、
ルテインを運ぶのに大事な成分です。

明確に回復させる効果はなさそうですが、ダメージを抑えることで、結果として回復につながると考えられます。

「その成分で回復しないのに、何で回復するの?」って思いますか?

それは…

人間には自然治癒力がある

きらめき

私たち人間には、自然に回復する力がそなわっているからです。
ダメージを抑えれば、自然治癒が上回った分、回復します。

FFで例えるなら、私たちはいつもリジェネがかかっています。
そして毎日のように太陽やパソコンやスマホから、ファイアやサンダーで目を焼かれています。

ファイアやサンダーを受ける頻度が上がれば、リジェネでの回復が追いつかず、
HP(視力)はどんどん下がっていきます。

じゃあどうするか。

ダメージを受ける頻度を減らすか、シェルでダメージを減らすかですよね。

ダメージを受ける頻度を減らすのは、心がけ次第。
シェルでダメージを減らす、それは実はオート発動です。

「えっ、オートなら何もしなくていいはずじゃん!」って思うかもしれませんね。
実は、オートなのは発動だけで、MP減ったら弱くなるか、発動しません。

だからね、MPを補充してやる必要があるんです。
シェルを安定して張りつづけるためのMP、それがルテインとゼアキサンチンです。

では、ルテインとゼアキサンチン、どれくらい摂るのがいいのでしょうか?

どれくらい摂るか

?

アメリカの研究結果で、ルテイン10mg、ゼアキサンチン2mgを摂ると、加齢関連黄斑変性症の発症リスクが低下するということがわかっています。
参考:米国医師会ジャーナル

そして、過剰摂取の副作用は、
「通常の食品に含まれる量を適切に摂取する場合、妊娠中・授乳中においてもおそらく安全である」
という評価がなされています。

アントシアニンは「どれくらい摂ればいいか」というハッキリした指標がありません。
過剰摂取の副作用については、
「妊娠中にサプリメントなどの濃縮物を使用することは危険性が示唆されている」
という評価であり、妊娠していないなら気にしなくて大丈夫そうです。
参考:素材情報データベース – 国立健康・栄養研究所

とりあえずルテイン10mg、ゼアキサンチン2mg、アントシアニンはほどほどに摂取しておけいいということです。

なお、ルテインにはフリー体とエステル体があります。
フリー体はそのままの形で体に吸収されるので効率が良く、エステル体は、消化酵素によってフリー体に変化しないと吸収されないので、効率が悪いです。

その観点でサプリを選ぶとすれば、つぎのものが候補です。
ランキングではないので、順番には意味はありません。
価格は調査当時(2018/3/1)で一番安かった場所のものを記載しています。

ルテイン・ゼアキサンチン・アントシアニンを含む、6つのサプリ

  1. めなり

    めなり

    ルテイン(フリー体):12mg

    ゼアキサンチン:2.4mg

    ビルベリーエキス:170mg

    1ヶ月あたり:907円
    (公式サイト:初回特別キャンペーン)

    1ヶ月あたり:2,980円
    (公式サイト:毎月お届けコース)

    ※1日2粒で計算

    →詳細ページへ →公式サイトへ

  2. メニールテインゼア

    メニールテインゼア

    ルテイン(フリー体):32mg

    ゼアキサンチン:1.6~3.2mg

    ミルトアルゴス(ビルベリーエキス):50mg

    1ヶ月あたり:2,970円
    (公式サイト)

    ※1日1粒で計算

    →詳細ページへ →公式サイトへ

  3. 一望百景

    一望百景

    ルテイン(フリー体):20mg

    ゼアキサンチン:0.8mg

    アントシアニンに関しては、紅いもが入ってるけど配合量不明

    1ヶ月あたり:1,870円
    (公式サイト:毎月1袋コース)

    ※1日1粒で計算

    →詳細ページへ →公式サイトへ

  4. ニチエー ビルベリー&ルテイン&ゼアキサンチン

    ニチエーのサプリ

    ルテイン(フリー体):10mg

    ゼアキサンチン:2mg

    ビルベリーエキス:110mg

    1ヶ月あたり:667円
    (Amazon:プライム180粒入り袋)

    ※1日1粒で計算

    Amazonへ

    →詳細ページへ

  5. ロートV5粒

    ロートV5粒

    ルテイン(フリー体):10mg

    ゼアキサンチン:2mg

    アントシアニンに関しては、ビルベリー果実抽出物が入ってるけど配合量不明

    1ヶ月あたり:1,345円
    (Amazon:プライム価格)

    ※1日1粒で計算

    Amazonへ

    →詳細ページへ

  6. ドクターズチョイス ルテイン40mg

    ドクターズチョイス

    ルテイン(フリー体):40mg

    ゼアキサンチン:2mg

    ビルベリーパウダー:50mg

    1ヶ月あたり:4,820円
    (公式サイト)

    ※1日2粒で計算

    →詳細ページへ →公式サイトへ

まとめ

ルテインとゼアキサンチンとアントシアニンが含まれているサプリ、6つ紹介しましたが、
あなたはどれが気になりましたか?

成分でいけば、「大差ないかな」というのが正直なところです。
ですので私はメーカー名で、ロートを信じてロートV5粒を飲み続けています。

ほかのものも、成分として大きく差があるわけではありません。
あなたが信じられるものを、「信じてみよう」と思えるものを選ぶことが一番大事です。

「どれでもいいからとりあえず1ヶ月試してみたい」
ということなら、めなりが一番安く済みますね。
めなりを公式サイトで見てみる

なお、視力低下には目の筋肉が関わっています。
サプリで光の刺激に強くなっても、目の筋肉がこわばったままの人は、視力はほとんど回復しないと私は考えます。

「サプリだけで誰でも視力回復する」なんてそんな話あったら、医薬品として認可されてるはずでしょ?
だから私は視力回復のために、サプリ以外のほかの取り組みもしていて、実際に2ヶ月半で0.01→0.3に回復しています。

サプリと筋肉ほぐしをこれから継続することで、もっと回復できると信じています。
その具体的な取り組みは、つぎの記事で。

20年間メガネだった私が、自力で、たった3ヶ月で視力0.01→0.4に回復したトレーニング方法を紹介!

それでは、あなたの視力が回復し、暮らしが楽に・楽しくなることを祈りつつ、この記事を終わります。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました!

視力回復のための関連記事

子供の視力を回復させるために、何をすればいいか

視力を回復させるための、生活習慣・生活環境

視力回復に成功した私がすすめる、トレーニング動画7選

視力回復サプリランキング!ルテインとゼアキサンチンが決め手!

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

サプリメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ローシュ

ローシュ

・らくらくらし運営責任者
・熊本出身在住
・二児の父
・九州大学経済学部経済工学科卒

塾講師、介護職、食品製造業を経験したのち、より世の中に役立てるよう、インターネット事業に専念している。

アンケート調査楽しいです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 筋トレ後のアルコールはトレーニング効果を3割落とすらしいけど、だからどうした。

  • 子供が下痢で保育園を早退してゲロまでやりやがったときの対処

  • アラサーからの、乾燥による目の下の小じわケアは、ハリハリミチルで

  • 散歩道に落ちたゴミを拾うのに、こんなに心理的な抵抗があるなんて