1. TOP
  2. 健康
  3. 花粉症対策におすすめグッズ7選!グッズ以外の軽減方法もご紹介

花粉症対策におすすめグッズ7選!グッズ以外の軽減方法もご紹介

健康
 

なぜ、花粉症なんてものが世の中にあるのでしょうか?

つらいですよね。あなたもその一人なんですね。

花粉症は根治するものではありません。

でも、対策をして軽減することはできます。

花粉症を軽減する便利なグッズ、そして簡単にできる対策があります。

今回は、花粉症対策に使いたいグッズなどのお話をしていきます!

花粉症対策に欠かせない便利グッズ7選

それでは、花粉症の症状を軽減するために使いたいグッズをご紹介していきます。

すでにご存じのものもあるかとは思いますが、確認の意味でもぜひ参考にしてください。

 

1)マスク

マスク

花粉が飛散する時期において、マスクは重要なグッズのひとつです。

正しく装着することで、鼻や口から侵入する花粉をカットすることが可能

隙間間ができないよう、しっかり密着させて着用しましょう。隙間ばかりですと、効果は弱まってしまいます。

マスクは、花粉の飛散の多いときには吸い込む花粉をおよそ3分の1から6分の1に減らし、鼻の症状を少なくさせる効果が期待されています。厚生労働省「花粉症Q&A集(平成22年度)」

 

さて、花粉症対策筆頭グッズのマスク。最近では、さまざまな機能を備えたマスクが発売されています。

女性に嬉しいマスクもあるので、要チェックです。

例えば……

  • ガーゼや不織布ではなく、高性能のポリウレタン素材のマスク
  • イヤーマフ付きのマスク
  • メガネが曇りづらいマスク
  • 小顔効果のあるマスク
  • メイクの上からでもOKのマスク

選ぶのも楽しみになりますよ。女性好みのカラーも増えてきました。

つらい季節でも、選ぶ楽しみくらいはあってもいいですよね。

 

また、メガネをする方がレンズが曇りにくいマスクではなく通常の不織布マスクをするとき。

レンズが曇って見づらくなり、困ることがありますよね。

そんなときにしていただきたいのが、次にご紹介する方法です。ぜひお試しくださいね!

  • メガネのレンズ専用の曇り止めを使う
  • マスクの鼻に当たる部分に折ったティッシュペーパーを挟み込む
  • マスクの上部を折り返す

曇り止め以外はほぼお金がかかりません。手軽に試せるのがいいところですね。

花粉シャットアウト効果を上げるためにも、正しく密着させて使用しましょう。

参考:マスクをするときメガネが曇って困る!画期的な解決方法4選!

 

2)メガネ

目から侵入する花粉。かゆくてたまりませんよね。目の充血や涙で悩まれる人も多いです。

目から侵入する花粉は、花粉症対策に特化したメガネで防ぐことができます。

 

「花粉症メガネ」と聞くと、ごつめのゴーグルのようなタイプを思い浮かべる人もいるでしょう。

いかにも花粉症メガネという感じがして、使いたくないという方もいるのではないでしょうか?

しかし、近年はデザイン性に富み、普段使いでも違和感のないタイプが多く発売されています。

「JINS」のような低価格でセンスのよいメーカーからも花粉症メガネが発売されているので、服を着替える感覚で数本用意してもいいですよね。

 

また、この時期、コンタクトレンズの方はかなりしんどい思いをするでしょう。

花粉で目がかゆくなってこすってしまうと危険ですよね。

できれば、花粉が多く飛散する時期だけでもメガネにするのが安心です。

 

どうしてもコンタクトレンズが良い、コンタクトレンズでなければならないという場合は、1日使用して捨てるタイプがおすすめです。

装着していて目がかゆくなり外したくなったとき、付け替えが容易だからです。

また、市販の目薬の中には、コンタクトレンズを着用していても点眼できるものもあります。

目薬でかゆみを抑えたいところ。コンタクトレンズ着用時には持っておくと安心ですね。

 

3)花粉を落としやすい素材の服

花粉は衣類の繊維に絡み付き、あなたにどこまでも付きまとうことがあります。

ニットやファーなど毛足か長く花粉が絡まりやすい素材は、花粉飛散の時期には避けたほうが安心です。

花粉症に悩む季節は、さらっとして、手で花粉を払い落としやすいような素材を選ぶようにしましょう

 

また、服の素材だけでなく、バッグやくつにも気を配りたいところ。

服に比べると小物の素材は見落としがちですので、お忘れなく。

また、洗濯時に柔軟剤を使用するのもおすすめです。柔軟剤に静電気防止効果があり、花粉を寄せ付けないんです。

お好みの香りでお試しくださいね。

 

4)帽子

帽子

花粉は頭にも付着します。髪に絡まって、あなたのそばに居続けます。たまらないですね。

そんなときは、帽子をかぶりましょう。頭髪につく花粉を防ぐことができます。

帽子も服同様、素材選びには気をつけましょう。ニットの帽子などはNGですね。

また、帽子のつばが反り返っているのもや、深いひだがあるタイプなどは花粉が溜まってしまう場合もあります。

できるだけ、凹凸が少ない花粉を落としやすそうなデザインを選ぶと安心ですよ。

 

5)空気清浄機

あれば心強いのが、空気清浄機です。

空中に舞う花粉を落とし、室内の空気をきれいに保ちます。

空気清浄機の置き場所でおすすめなのが、玄関、そして窓をひんぱんに開け閉めするところなど。

外気を取り入れやすいところに、花粉は多くいるからです。

また、花粉飛散の季節は基本室内干しですが、外に干した洗濯物を取り込むときには、必ず空気清浄機を運転しましょう

洗濯物に付着した花粉、そして窓を開けたことによって入り込んできた花粉を一網打尽にできますよ。

 

6)外干し用の洗濯物カバー

花粉飛散の季節、花粉症の方は洗濯物を室内干しすると思います。

これは正解です。

外干しすると、せっかく洗ってきれいになった洗濯物に花粉が付着してしまうからです。

基本的には室内干しをおすすめしますが、室内干しができないという場合もありますよね。

そんなときはどうすればいいのでしょう?

 

実は外干しするときでも花粉を寄せ付けない「洗濯物カバー」が販売されているんです。乾く時間は通常よりもかかりますが、花粉をシャットアウトしながら洗濯物を乾かせます。

ちなみにこのカバーは雨避けにも使えます。突然の雨でも洗濯物が濡れません。

花粉症対策だけでなくさまざまな場面で使えそうなので、ひとつ持っていてもいいのではないでしょうか?

 

7)花粉吸着防止スプレーやクリームなど

さまざまなメーカーから販売されている花粉を寄せ付けないというスプレー。

メーカーによれば、顔や体に吹き付けることでイオンの膜を張り、花粉を寄せ付けないという仕組みのようです。

スプレーを体に吹きつけるだけで花粉がシャットアウトできるなんて、画期的ですよね。

ただし、公的なデータはとられていないようなので、信じて使うかはあなた次第です。

 

また、鼻の穴まわりに塗って花粉をそこでブロックするクリームもあります。

こちら、厚生労働省では花粉が鼻の粘膜に吸着するのを防ぐという効果は認められているようです。(どちらかというと消極的な評価ですが……)

花粉が粘膜にくっつく前に、クリームがブロックする効果はあると考えられます。ただ、効果は十分に明らかになっているわけではありません。厚生労働省「花粉症Q&A集(平成22年度)

クリームを塗ってからマスクをすると、さらに花粉侵入を防ぐことができそうですよね。

 

花粉症対策にお役立ちの便利グッズを7つご紹介してきました。

年々、さまざまな花粉症対策グッズが発売されているので、シーズン前にチェックするのがおすすめです。

デザイン、機能性で、あなた好みのグッズが見つかることでしょう。

つらい季節でも、自分好みのものに囲まれていたらきっと気分が上向きになりますよ。

 

さてところで、花粉症対策にすすめられている食べ物はご存じですか?

例えば、ヨーグルト、プロポリス、甜茶など。

これって、本当に効果があるんでしょうか? 疑問ですよね。

そんな疑問にお答えした記事があるんです。ぜひ、今後の花粉症対策の参考にしてくださいね。

その花粉症対策は大丈夫?症状を抑える食べ物は民間療法という事実

ここまで、花粉症対策に使いたいお役立ちグッズについてお話ししてきましたが、グッズ、食べ物以外での対策もあります。

どんなものがあるでしょうか?

花粉症の時期にグッズ以外でできる7つの対策

ここからは、花粉症が発症する季節にとっておきたい行動についてお話ししていきます。

 

1)家に入るときは、しっかり花粉を落とす

家の中に花粉を持ち込まないよう、玄関先で服や帽子などについた花粉を払い落としましょう。

こんなとき、やはりさらっとした素材の服だと落としやすいですよ。

帽子も玄関先で脱ぎ、バッグなどの小物についた花粉もしっかり払い落としましょう。

花粉を落とすブラシや粘着シートのついたローラーも販売されているので、使ってみるのもおすすめです。

 

2)手洗い・うがい

手洗い

家に帰ったら、必ず手洗い・うがいはしましょう。

花粉が口の中や指先に付着しているかもしれません。

手洗いうがいは、風邪やインフルエンザなど病気の予防にもなります。

花粉症軽減のためというよりも、衛生上、必ずした方がいいですよね。

 

また、花粉症対策に鼻うがいをすすめられているのをご存じの方もいると思います。

しかし、鼻うがいは誤った方法ですると粘膜を傷めるなどの危険が伴いますので、一度病院で相談してから行なったほうが安全です。

 

3)洗髪や洗顔(シャワーを浴びる)

できれば、帰って来たらすぐにシャワーを浴びるのがおすすめです。

帽子を被っていな場合、頭部に花粉が付着している可能性が高いからです。

また、花粉症が原因で顔の皮膚が荒れたりかゆみを感じることがあるので、洗顔するのもおすすめです。

 

まとめて、シャワーを浴びるのが楽ですね。

一刻も早く体にいた花粉を除去してしまいましょう。

 

4)まとめ髪がベター

長い髪をなびかせ、春風の中を歩く……見た目は素敵です。

でも、春風が運んでくるのは花粉です。

ロマンチックではありません。

その花粉は髪に絡み付き、あなたの花粉症に拍車をかけるんです。

したがって、長い髪はおだんごするなどしてまとめると花粉が絡みづらくなります

帽子を被らない場合は、特にヘアースタイリングには注意しましょう。

 

5)鼻毛を切りすぎない

「鼻毛?」と思いましたか?

見えたらカッコ悪い鼻毛ですが、鼻毛にもちゃんと役割があります。

 

鼻毛はいわばフィルターです。

花粉を粘膜に付着させないよう守ってくれている天然の要塞

それをカッコ悪いからという理由で抜いたり、短くカットしたりするのはNG。

そもそも、抜くと鼻の粘膜を傷めてしまいます。危険です。

鼻毛は、はみ出している部分だけカットしましょう。

 

6)洗濯物を外干ししない

上でも少し触れていますが、洗濯物は基本、室内干しにしましょう。

春の暖かな日差しのもと、外で思い切り洗濯物を干したい気持ちもわかります。

でも、確実に花粉にさらされることになります。

取り込むときには花粉まみれかもしれません。

 

したがって、この季節の洗濯物は乾燥機を使う、浴室乾燥機能を使う、扇風機で風を当てるなどして、室内で乾かすようにしましょう

お布団には布団乾燥機が便利。花粉の時期は私もよく使っています。冬場や梅雨も使えるので、あると便利ですよ。

 

7)ティッシュペーパーやハンカチの携帯

鼻水が止まらない症状の方にとって、ポケットティッシュは必需品です。

鼻をかむ回数が多い方は、鼻まわりが赤く擦りむけやすいので、保湿ティッシュがおすすめです。

ちょっと高価ですが、痛くならずにすむのがいいところ。

 

また、ハンカチも涙や鼻水を拭うには欠かせません。

ちなみに私は、ハンカチよりも吸水性のあるハンドタオルを持ち歩きます。

そして、鼻をかんだときにあると便利なのがビニール袋。外出時はビニール袋があると安心です。

外出時は、鼻をかんだティッシュ、汚れたハンドタオルはここに入れて家に持ち帰りましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、花粉症対策におすすめのグッズや、簡単にできる対策についてお話ししてきました。

花粉症を軽減するためのグッズは、ほぼ毎日使うものです。

それなら、できるだけ楽しんで取り入れたほうがいいと思いませんか?

どのグッズも種類、デザインが豊富なのであなた好みのものを使いましょう。

大型の雑貨店などの花粉症コーナーを覗くと、楽しいグッズの発見もありますよ。

つらい季節なので、ポジティブな気持ちで乗り切りたいですね。

 

また、花粉症の季節にとっておきたい対策にも触れました。

どれも特別なことではないですよね。それほど難しいことではありません。

特に手洗い・うがいや、すぐにシャワーを浴びるなどは、花粉症だけでなくほかの病気の予防にも有効です。

面倒臭がらずしっかり行っていきましょう。

ご紹介したグッズなどをフル活用して、つらい季節を乗り切ってくださいね。

 

合わせて読みたい花粉症対策記事

【花粉症対策】症状を軽減するにはお部屋の掃除が重要だった!

その花粉症対策は大丈夫?症状を抑える食べ物は民間療法という事実

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

マスク 女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

つるまる

つるまる

主婦・2児の母です。
塾事務員を経て結婚、その後退職。現在、家族4人で生活中。
趣味は音楽鑑賞とゲームです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【離乳食初期】組み合わせて応用も楽々!簡単に作れる基本メニュー9選!

  • 【離乳食】手軽に使える!初期のしらすのメニュー5選

  • 【離乳食】初期のキャベツのメニュー5選。レンジを使ったものもアリ。

  • 【離乳食】初期の魚のメニュー5選。パサパサするときは出汁でのばす。