1. TOP
  2. マスクをするときメガネが曇って困る!画期的な解決方法4選!

マスクをするときメガネが曇って困る!画期的な解決方法4選!

健康
 

 風邪の対策や花粉症の際に使用したいマスクですが、メガネを使用されている方で、「メガネが曇る」といった経験をされた方は多いのではないでしょうか?

 メガネが曇ると前が見にくくなり、困ってしまいますよね。

 そこで今回は、マスクをしたときにメガネが曇ってしまうのを軽減する方法をご紹介します!

 

sponsored links

マスクを着用したときにメガネを曇らないようにする方法

 マスクの上部分にクッションが入っているノーズブリッジタイプのマスクを使用していても曇るときがあります。

 そこで、市販のマスクに、あるひと工夫をして、メガネが曇らないよう対策しましょう。

 以下で、その方法を詳しくみていきたいと思います。

 

ティッシュを折りたたんで内側に入れる

 低コストで簡単にできる方法がこちらです。

 ティッシュを何度か折りたたみ、マスクが鼻に当たる部分につけ、普段通りマスクをします。

 いわゆる、ノーズクッションの代わりです。

 ティッシュですので、肌触りも良く、あまり違和感も感じません。

 ティッシュの折り方で幅や厚みを変化させて、好きなように着用できます。

 また、この方法の1番のポイントは、いざというときに、そのティッシュで鼻をかんだりできることです。

マスク ティッシュ

マスク ティッシュ

 

 

マスクの上の部分を折り返す

 何も道具を使わずに曇るのを防ぎたい場合はこれです。

 マスクの上の部分1センチほどを内側に折り返すだけで完成です。

 非常に簡単で、外出先でも手軽にできるのがいいですね。

 ですが、わたしはこちらの方法を試した際に少し曇ってしまいました。

 鼻の部分から出る息を、一度にたくさん出ていかないようにしているだけですので、やはり多少は息がメガネに当たってしまうのでしょう。

 マスクのサイズが合わず上手くフィットしていないと曇ってしまう場合があるので注意です。

 ちょうどいいサイズのものを使用していると、きちんと曇りにくくなるようですのでお試しする価値はあるかと思います。

マスク

マスク

 

テープを貼る

 包帯やガーゼを止めるときなどに使う、粘着力の低いテープを、マスクのワイヤーの少し上部分に貼るという方法です。

 息がマスクから漏れるのを防ぐのに、かなり効果があります。

 実際に医療現場などでもお医者さんが利用している方法だそうです。

マスク テープ

マスク テープ

 

sponsored links

メガネに曇り止めを塗る

 マスクではなく、メガネのほうに手を加えるのもひとつの手です。

 メガネ屋さんや薬局などで販売されている曇り止めを塗り、曇らないように予防するのもいいでしょう。

 メガネの曇り止めには、「ジェルタイプ」と「スプレータイプ」があります。

 ジェルタイプはメガネのレンズに薄く塗り、スプレータイプはシュッシュッとレンズに吹き付けます。レンズの両面に塗ることを忘れないでくださいね。

 そのあとにティッシュで拭き取ります。この際、軽く拭き取るべきなのか、強く拭き取っていいのかは、商品によって異なるようです。

ここを間違えると効果が半減してしまうので、説明書をしっかり読んでください。

 私はスプレータイプを使ったことがあります。効果は感じられました。

 ただ、曇り止めを塗ることで、わずかに、レンズが曇ります……。しかし、よほど神経質でない限り、これはすぐに慣れるでしょう。

 曇りを止められたのは半日くらいでした。1日はもたなそうです。コンパクトサイズなので、持ち歩いてもいいかもしれませんね。

 ちなみに、最近では、曇らない「防曇レンズ」を使用したメガネなども販売されているようです。

 興味がある方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

メガネが曇る理由

窓 結露

 そもそもメガネが曇ってしまう理由はなんでしょうか?

 それは、「結露」が関係します。

 温かく湿った空気が冷たいものに触れると水滴となり現れます。

 冷たいものをグラスに入れると、グラスの表面に水滴がつくのが「結露」です。

 それと同じ現象が、メガネとマスクの間でも起こります。

 水蒸気を含んだあたたかい息が、外気によって冷えたメガネに当たり、メガネが曇ってしまうのです。

 メガネとマスクの隙間をきちんと埋めることで、メガネが曇ることを防げそうですね。

 

まとめ

 いかがでしたか?

 今回は、マスクをしたときにメガネが曇ってしまうのを軽減させる方法をご紹介しました。

 わたしは、どの方法も試してみましたが、やはり普通にマスクを着用するよりもずいぶんとメガネが曇らなくなるので、かなり快適にお出かけすることができましたよ!

 あなたも、ぜひご自身が気に入った方法で試してみてくださいね。

 

合わせて読みたい裏ワザ記事

捨てる前にチェック!トクする不要品処分テクニック

知ってる?ちょっと高めのコインランドリーの賢い使い方

簡単な痩せ方のコツ3つ。「え?たったそれだけ?」

ライター紹介 ライター一覧

おみつ

おみつ

会社員、現在育休中です。
大学卒業後、地元企業に就職。化粧品販売に少し携わっていました。現在は育休中で、家族4人で生活しています。
趣味は常備菜作り、ネットサーフィンなどです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【ホワイトデーのお返し】子供向けで人気のプレゼントは?

  • 【ホワイトデーのお返し】義理のときの相場やオススメプレゼントは?

  • 【子連れディズニーの持ち物リスト】泊まりに何を持っていけばいい?

  • 袱紗は結婚式に必要?袱紗のマナーを習得しよう!