1. TOP
  2. 仕事中のつわりの正しい乗り切り方。休みたいなら休もう!

仕事中のつわりの正しい乗り切り方。休みたいなら休もう!

健康
 

妊娠と仕事、どっちも大変なのにいっぺんにとなるとさらに大変ですよね。

妊娠後期はもちろん、初期でもつわりがひどいと、とくにそうです。

ということで今回は、仕事を持ちながらつわり乗り切る方法のお話しです。

妊娠も仕事も、うまく両立させましょう!

sponsored links

 

まずは上司に相談

会社には、妊娠が発覚したら早めに

「妊娠しました」

と伝えましょう。

「妊娠していることを周囲へ報告するのは安定期に入ってから」

とよく聞きますが、仕事をしている女性の場合は、妊娠が分かった段階で報告をした方がいいでしょう。

というのも、つわりは大体の方が妊娠判明直後からきて、安定期ごろに落ち着くからです。

つまり、妊娠が発覚した時点で伝えないと、つわりで一番つらい時期を我慢して過ごすことになりかねないということになりますよね。

これはあなたのためになりませんし、赤ちゃんのためにもなりません。

 

つわりがどれくらいになるか、妊娠した時点ではわかりませんので

「あとででいいや」

と思っていると、とてもつらい目にあうかもしれません。

妊娠が分かった時点で職場の上司にはきちんと相談をし、仕事の環境を整えることが大切です。

自分の体に負担をかけないためでもありますし、周りになるべく迷惑をかけないためでもありますので、ここはきちんとしておきましょう。

 

相談して、いい顔をしない上司もいるでしょうが、その人はその人なりに、与えられた仕事がスムーズに回るよう考えるのも仕事のうちです。

嫌な顔されても気にしなくていいでしょう。

あとで落ち着いてから差し入れでも持っていけばいいんです。

 

もしかしたらこれを読んでいるあなたは、会社に伝えそびれてしまった人なのかもしれませんね。

さて、つぎは具体的にその場での対処方法のお話しです。

 

自分に合ったつわり対処方法をとる

指し棒を持つ女性

つわりには個人差があります。

特定のにおいがダメになってしまったり、空腹を感じると気持ち悪くなってしまったりすることも。

これは実際なってみないと分かりません。

ですので、自分のつわりがどういったものなのか、自分なりに分析をしてその対処法を見つけておくと良いですよ。

 

下記に、対処法の例を挙げてみますね。

  • こまめに休憩をとる
  • 空腹でくるつわりの場合は、すぐに食べられる物を用意しておく(一口大のおにぎりなどがおすすめ)
  • においがきつい場合は、マスクをする
  • 下着や服の締め付けが苦しい場合は、マタニティーウエアを着る
  • 出勤時間を調整する(満員電車は避けるなど)

仕事をする上で可能(仕事上不可能なこともあるので注意が必要です)な対策を練っておきましょう!

つわりを細かくわけて、対策を書いている記事もありますので、そちらも参考になると思います。

【つわり対策・対処法9選】気持ち悪さとサヨナラしよう!

 

仕事の仕方を変える

会社の制度・運用状況次第では、スムーズに働き方を変えれることがあります。

会社の制度にはなくても、法律で決められていることもあります。

 

時短勤務に切り替える

つわりがひどい時期は、勤務時間を短くしてもらいしょう。

時短勤務が可能であることは、「男女雇用機会均等法」に記載されているんです。

下記のHPで確認できます。

厚生労働省ホームページ

 

妊婦健診などで、「つわりが重く就業に支障が出るから、時短勤務が望ましい」と医師から診断されることもあります。

この場合、会社側に口頭で伝えてもいいのですが、より指導を的確に伝えるために、「母性健康管理指導カード」を使って会社に医師の指導を伝えましょう。

医師からの正式な文書であれば、時短勤務への切り替えがスムーズにすすむでしょう。

母性健康管理指導カード」は、上記ホームページからダウンロードできますよ。

 

在宅勤務に切り替える

仕事する女性

在宅勤務を導入している会社の場合は、つわりが落ち着くまでの期間を在宅勤務に切り替えてもらうことができます。

これなら、家でゆっくりと過ごしながら仕事ができます。

 

出勤して、

「つわりで迷惑かけたらどうしよう」

というストレスがありません。

 

ゆったりとした私服で仕事できます。

これはけっこう大きい部分です。

締め付けがない服を着ていると、それだけでつわりが軽くなることがあります。

精神的にも身体的にもストレスが減り、ほとんどつわりが起きなくなる人もいます。

 

ただ、全ての会社で導入されているわけではないので、まずは会社に確認してみましょう。

 

休暇をもらう

会社にとって一番のダメージとなり得るのは、いきなり休んで仕事に穴をあけられるということでしょう。

可能であれば、思い切ってつわりの時期は長期の休みをもらうというのもアリかもしれません。

「つわりが落ち着いたころに職場に復帰させてもらう」

という形で相談してもいいのではないでしょうか?

 

それくらい受け入れられる柔軟な会社のほうが、長く生き残っていくと思いますし、ずっと残っていってほしいと願います。

「休みたい」

と心からそう願うのであれば、休みましょう。

事前に相談すれば、もしかしたらスムーズにいくかもしれません。

 

相談すらせず、我慢して我慢してストレスをためて脱水症状になって入院して流産して、そのときあなたは後悔しませんか?

絶対に後悔するはずです。

あなたひとりが休んだからといって会社がつぶれることはありません。

しかしあなたが我慢し続けることで、失われる命があります。

休みたいときは休みましょう。

 

休むことに罪悪感を感じるあなたは、責任感の強い人です。

きっと普段の仕事ぶりから、まわりは

「ああ、あの人が休むんだからよっぽどツライんだろうな」

理解を示してくれるはずです。

 

さてつぎは、そんな罪悪感を少しでも減らすためのポイントです。

 

つわりで休む罪悪感を減らすには?

  • 自分ができることがあればすすんでする
  • 感謝の気持ちを言葉で伝える

ということをしましょう。

 

できることをすすんでやる

「つわりがひどくて重要な仕事ができそうもない」

というときは資料の作成など、できることをすすんで引き受けるといいですね。

できる仕事を率先して引き受けることで、

「休みがちで迷惑をかけてしまう」

という罪悪感は解消されていきます。

 

感謝を伝える

代わって仕事をしてもらうのですから、

「ありがとう」

という感謝の気持ちを持って、伝えましょう。

自分ができない分の仕事を同僚がしてくれる場合は、

「やってもらって当然」

という気持ちを持つのはNGです。

 

「ありがとう」

「助かります」

と言葉にして伝えることにより、仕事を任された方も悪い気はしないはずです。

あなたもそうではありませんか?

「今はつわりで仕事ができないけれど、つわりが終わったらみんなの助けになるぞ!」

と前向きな気持ちになりますよ。

sponsored links

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、つわりで仕事がきついときのお話しでした。

つわりで会社を休むことに関して悲観的になる方も多いですが、お腹の赤ちゃんを育てているという、人生の中でもかなり大きな仕事の真っ最中です。

我慢して働き続けるか、ちょっと調整してもらって働くか、落ち着くまで休むか、あなたが後悔しない選択をなさることを願います。

 

合わせて読みたい「つわり」の記事

ウソ?ホント?つわりで赤ちゃんの性別がわかる?

上手に乗り切ろう!辛いつわりのピークはいつ?平均週数は?

妊娠のつわりって、いつからはじまっていつまであるの?

 

妊娠中に知っておきたいこと

【妊娠線画像・妊娠線写真】これはできれば防ぎたい!妊娠中~産後

妊婦さん必見!妊娠中に好ましい食事、避けたい食事!

育児休暇の夫婦同時取得は可能!これは絶対に知っておきたい!

【子育て費用】えっ!!そんなにかかるの!?【0歳~大学卒業】

ライター紹介 ライター一覧

lotta

lotta

主婦・2児の母です。
結婚前までは子供服店店長を務めていました。結婚を機に退職、現在は2児の母を満喫中です。
趣味:ショッピング、カラオケ

この人が書いた記事  記事一覧

  • 仕事中のつわりの正しい乗り切り方。休みたいなら休もう!

  • 「早く妊娠したい!」と思ったらすぐやったほうがいいこと

  • 【妊娠の疑問解決】生理直後に妊娠が発覚する可能性ってある?

  • 基礎体温のグラフ「妊娠したい」「妊娠しているか」の参考に!