1. TOP
  2. 道路遊びに関する記事を公開した真意について

道路遊びに関する記事を公開した真意について

“道路遊びが迷惑がられる本当の理由~”の記事では、

たくさんの反響をいただきました。

 

主に

「道路遊びを助長するつもりですか?」

「道路遊びを推奨するのですか?」

という問い合わせであり、

私(らくらくらし運営責任者-ローシュ)の書き方がまずかったものと認識しています。

 

この場で改めて、

道路遊びを推奨・助長する意図はないことを表明します。

 

道路遊びは基本的に迷惑であり、危険な行為です。

そのような行為を助長してしまうとすれば、

それはこのメディアの使命、“暮らしを楽に・楽しくする”ということに反します。

 

当該記事における要旨は、

「道路遊びが迷惑かどうかは周りの人次第なので、周りの人から許してもらってからにしてください」ということであったのですが、

うまく伝えきれなかった部分があったと反省しているところです。

 

しかし同時に、道路遊びをする・させる人を徹底的に排斥する意図もありません。

私の立場は、中立です。

どちらの立場の方とも話をしたいです。

どちらの味方につくということをするつもりはありません。

あえて言うなら、全員の味方です。

 

当該記事は道路遊びする・させる人に向けて、

「迷惑かけないように」と書いたつもりでしたが、

反応がありましたのはむしろ、

「道路遊びやめて」という意見をお持ちの方々でした。

 

道路遊びする・させる人に向けて行動の改善を呼びかける目的で書いたものですから、

まずは道路遊びをする・させる人に理解を示さなければならず、

そうした私の態度が、誤解を招いてしまったのかと考えているところです。

 

しかし理解を示さず糾弾するだけで道路遊びの問題が解決するとは思っていませんので、

この態度を改めるつもりも、当該記事を取り下げる予定もありません。

 

もし糾弾だけで解決するのなら、

もはや問題になっていないはずですから。

 

道路遊びをする・させる人と、道路遊びをやめさせたい人の争いがなくなることを、心から願っています。

 

道路遊びに関わる争いをなくしたい。

それが今回の私の意図であり本心です。

 

だからこそ、

「道路遊びの何がダメなの?」と思っている方に向けて当該記事を公開しましたし、

その2日後には「道路遊びやめさせたい」という人に向けて、次の記事を公開しています。

迷惑な道路遊びを解決するために。通報すべきかどうすべきか。

 

繰り返します。

私は、道路遊び自体をなくしたいのではなく、道路遊びに関する争いをなくしたい。

弁解は以上です。