1. TOP
  2. コミュニケーション
  3. お歳暮を贈る時期は?マナーを守って気持ちよい年末を

お歳暮を贈る時期は?マナーを守って気持ちよい年末を

お歳暮は、日頃お世話になっている人へ、感謝の気持ちとして品物を贈る、日本の昔ながらの風習です。

いざ、贈ろうと思いはしても、時期マナーについて、わからないことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、お歳暮のマナーについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

贈る時期

一般的には12月初旬(早いところであれば11月下旬)から、遅くても12月20日ころまでに相手へ届くように贈るのが基本です。

もし、都合がつかず、年内に届けられない場合は、正月の松の内(一般的に1月1日~6日)の間に「御年賀」として贈ることも方法のひとつとしてあります。

熨斗

熨斗は一般お祝い用の、水引が紅白の5本または7本の蝶結び(花結び)のものを選びます。

上段に「御歳暮」、下段に「御歳暮」の文字よりも少し小さめに自分の氏名をフルネームで書きます。

表書きは文字は、毛筆で色は黒色、楷書で書くのが基本です。

 

贈り方

宅配

事前に先方へ連絡をし、直接持参するのが元来の習わしです。

しかし互いの都合や、現代の風潮からデパートなどから直送したり、宅配便を利用することが一般的になりつつあります。

その場合、日頃お世話になっている方へ送るときは、贈り物に挨拶状を添えてお届けするか、届くころを見計らって手紙やはがきで、感謝の気持ちを送ることが礼儀とされます。

 

喪中の場合

御歳暮は、お祝いで贈るものではなく日頃の感謝を伝えるために贈るものであるため、当方または先方のいずれかが喪中の場合であっても御歳暮を贈ることに問題はありません。

しかし、やはり気になるという場合は、先方へ事前に断りを入れて了解を得てから寒中見舞いとして、松の内から立春(1月6日から2月5日頃)までの間に贈る方法もあります。

 

何を贈ればいいのか

お歳暮は感謝の気持ちを贈ることに意味があります。

相手の好みや家族構成などを充分に考慮して、喜んでいただけるものを選ぶようにしましょう。

…とは言っても、難しいかもしれませんね。

値段は3000~5000円程度のもので、一般的にハム・ソーセージ、ビール、食用油などの食品が喜ばれるようです。

商品券やギフト券であれば、難しく考える必要はないかもしれません。

スポンサーリンク

 

受け取った時のお返し

お世話になった人へ贈ることが本来の目的ですので、お返しは基本的に必要ありませんが、届いたあとはすみやかに電話か手紙でお礼を伝えましょう。

それだけでは、どうしても気が済まない場合は、同額程度の返礼品を贈っても問題はありません。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はお歳暮を贈る時期やマナーについて解説しました。

ぜひ御歳暮を正しく贈って、日頃の感謝を伝えてみてください。

ただし地域や宗派によっては、記載したことと異なる場合もありますので、ご注意くださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ひつじ

ひつじ

「ダイエットはマインドセット次第」という究極の結論にたどり着いた人。

ダイエット記事では、ちゃんとやる人にはやさしく、やる気がない人は蹴り返す勢いです。

「ちゃんとやる人は痩せます。保証します。」

この人が書いた記事  記事一覧

  • マンション・アパート最上階の暑さ対策!引っ越してはじめて気づく暑さ

  • 産後のお見舞い手土産ベスト3+α!病院へ伺うときの注意点も

  • 七五三は数え年でも満年齢でもいい。経済的には来年が吉。

  • 七五三は、早生まれはいつやるものか。スムーズにお参りするために。