1. TOP
  2. コミュニケーション
  3. ママ友がいない!知っておきたいそのメリット・デメリット

ママ友がいない!知っておきたいそのメリット・デメリット

ママ友いない私って、変!?」

「みんなママ友がいて、ランチとか行っているし!」

と不安になって焦っている方、意外と多くいると思います。

 さびしくなることもありますよね。

 ただ、焦ってママ友を作っても、思ってもいないようなことが起きるものです。

 ということで、今回は「ママ友がいないメリット・デメリット」についてお話ししていこうと思います。

スポンサーリンク

 

ママ友がいないメリットって?

 では、まずはママ友がいないメリットについてお話ししていこうと思います。

 

ママ友トラブルに巻き込まれない

 もう、これに尽きると言ってもいいくらいですね。

 ママ友とのトラブルは後を絶ちません。

 自分は気をつけていても、思わぬトラブルに巻き込まれることも多々あるのです。

 そこに子供まで巻き込まれる場合なんて、もう最悪ですよね。

 一人でいれば、そんな可能性が低くなります。

 貴重な自分の時間をトラブルの火消しなどに取られるなんて馬鹿馬鹿しいですよね。

 

子供の様子や行動をしっかり見守ることができる

 幼稚園や保育園の登園時、公園で遊ぶときなど、お子さんの行動をじっくり見ることができます。

 というのも、その場にママ友がいると、子供を見ていたい場面で思わぬ邪魔をされることも。

 子供の様子を見に行きたいのに、話しが盛り上がってしまい抜けるに抜けられないことがあるのです。

 公園などで話しが盛り上がり、目を離したすきに遊具でケガをしていた……

という場面は、意外と珍しくありません。

 

ランチ代等の余計な出費がない

089848

 ママ友といえば、ランチ会です。

 意外とかかるんです、ランチ代って。

 これが月に数回あると、支出が馬鹿になりません。

 そして年間にすると…!

「そのお金で、何が買えただろう」

と空しくなることもあります。

 できたら、自分が有意義に過ごすためにお金は使いたいものですよね。

 ママ友がいないと、ランチ会をすることもなく、自分や家族のためにお金が使えます。

 

ママ友がいないデメリットって?

 では、次にママ友がいないデメリットについてお話ししていこうと思います。

 

情報を得るチャンスが少ない

首をかしげる女性

 子供が通う幼稚園や学校の情報、クラスでの子供の様子を知る機会が少なくなります。

 わからないことは先生に聞けばいいのですが、先生以上の情報を持っているお母さんもいるのです。

 地域の行事、学校で子供がトラブルに巻き込まれていたなどの貴重な情報を知る機会がないのは痛いところですね。

 

子育ての苦労を分かち合えない

 ママ友は、同じ子育てをしている、いわば同志です。

 子育ての苦労をわかってくれる、共感してくれる存在なのです。

 子育ての悩みがあったときに、頼れるのはママ友だという場面も多くあります。

 辛さを分かってくれるママ友に悩みを話すことで、子育てのストレスが軽減します。

 夫にはわかってほしいけどわかってくれない子育ての苦労もありますからね。

 

さびしい気分に陥る

 ふと周りを見てみると、みんなママ友がいて、楽しそうに話している……

 そんな場面を見ると、さびしさを感じることがあります。

 ちょっと疲れているときなどは、そんな風に思えてしまうんですよね。

 そのさびしさを引きずって、子供に辛く当ってしまって自己嫌悪に陥ることも……。

スポンサーリンク

 

ママ友がいないって大丈夫?

いなくても大丈夫!

 結論から言いますと、いなくても大丈夫です。

 いなくてもあなたの子育てが困難になることはありませんし、お子さんが健やかに育たないわけでもありません。

 デメリットを述べてきましたが、それは解消することができます。

 それは、子供との信頼関係をしっかり築くこと、便利なツールを使うことにあります。

 それはどのようなことかと言いますと……。

 

子供とのコミュニケーションと便利ツールがカギ

 幼稚園や学校での様子、出来事は子供としっかりとコミュニケーションがとれていれば知ることができます。

 子供が話してくれたことで疑問に思うとこがあったら、根拠を述べて先生に尋ねることができます。

 先生も詳しく教えてくれたり、様子を見てくれたりします。

 また、子育ての悩みはインターネットという便利なツールを使って解消することができます。

 同じ悩みを抱えたお母さんは世の中にたくさんいることを知るでしょう。

 子供との良好な関係で子育てに自信がつき、心に余裕が持てると、周りで楽しそうにしているママ友たちを見てもスルーすることができてきます。

 さびしくはないし、貴重な時間をあなたが好きなように使うことができるんです。

 

まとめ

 いかがでしたでか?

 今回は、ママ友がいないことでのメリットやデメリットについてお話ししてきました。

 やはりトラブルは回避したいところですね。

 以前私も巻き込まれて、痛い思いをしましたので本当にそう思います。

 ママ友がいなくても、子育てをしていくと様々な人と関わっていくことになります。

 これから先、幼稚園、学校、地域、多種多様な人と接していくことになります。

 そこで、「ママ友」というくくりでない人と友好な関係をつくることができれば、あなたの人生はより豊かなものになっていくのではないかと私は考えます。

 

ママ友関連記事

【実録】あのママは怖い!恐怖のママ友トラブル実例6選

焦っちゃダメ!乳幼児期のママ友づくりの注意点とオススメの方法

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

財布をひっくり返す女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

つるまる

つるまる

主婦・2児の母です。
塾事務員を経て結婚、その後退職。現在、家族4人で生活中。
趣味は音楽鑑賞とゲームです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • サンタさんからのクリスマスプレゼントは、いつまで続ける?

  • ゴムパッキンのカビが取れない!効果的な取り方、防ぎ方を教えます!

  • 【ぬいぐるみや人形の捨て方】6パターン!呪い気にせずスッキリお別れ!

  • 【離乳食初期】組み合わせて応用も楽々!簡単に作れる基本メニュー9選!