1. TOP
  2. 結婚式&披露宴、二次会における服装のマナーとは?【女性編】

結婚式&披露宴、二次会における服装のマナーとは?【女性編】

結婚式に招待されたときに気になるのが、服装のマナーですよね。

タブーはあるのかしら? みんなはどんな服装? と疑問が出てきます。

ここでは結婚式・披露宴そして二次会における女性の服装についてご紹介していきます。

sponsored links

結婚式&披露宴における服装

結婚式のあとでそのまま披露宴へ出席される方は多いですよね。

ここでは結婚式・披露宴における「通し」での服装をご紹介します。

もちろん、結婚式のみ、披露宴のみの服装でも使えますのでぜひ参考にしてください。

 

おすすめの服装

結婚式・披露宴の女性の定番は、ワンピースです。その中でも「パーティドレス」を着ましょう。

「普段着ているワンピース」や「派手すぎるロングドレス」は避けましょう

パンツドレスーツも最近はおしゃれで、お祝いの席にふさわしいものが出てきています。

パンツスーツの場合は、ビジネスシーンとは違った光沢のある生地を使用したものなどを選びましょう。

羽織物を差し色として使うのも、おしゃれです。透け感のあるボレロなども良いですね。

 

おすすめの色

ネイビー

結婚式の定番であり、人気色です。年代を問わず着られる色です。

定番だからこそ、リボンやフリルがデザインされているもので、若々しさを演出など工夫してみてはいかがでしょうか。デザインで個性を出しましょう。

 

ピンク

ピンク 花

ピンクと言ってもコーラルピンク、ベリーピンクと様々な発色の色味があります。

鮮やかなピンクは若い方に、年を重ねるごとに柔らかな優しい色合いのピンクがおすすめです。

 

20代〜30代に人気のブルー

華やかさを持ち合わせたカラーです。ロイヤルブルーは披露宴では、お色直しのドレスで選んでいる場合がありますので注意が必要です。

ブルーを選ぶ場合は、事前にお色直しのドレスの色を確認しておくのも良いですね。

 

20代から人気のベージュ

柔らかな女性らしい色合いが好まれているようです。羽織物でグラデーションを付けたり、アクセサリーでポイントを付けると華やぎます。

 

*気を付けて!黒のドレスの場合

どうしても「喪」をイメージしてしまいます。シックでほかのシーンでも使いやすい黒を選ぶ方もいらっしゃるでしょう。

その場合は、お祝いの席なので全身黒で揃えないようにましょう。

羽織物をパステルカラーなど明るいものにする、小物・靴などを華やかな色のものやビジューのついたものを身に付けるなどします。お祝いの席にふさわしい服装にしましょう

 

*レンタルを利用するのも

年を重ねると好みが変わったり、似合うデザインが変化してきたりします。今はドレスレンタルもありますので、利用するのも良いでしょう。

 

ヒールのあるものを選びます。パンプスが基本となります。ドレスの色を合わせる落ち着いた感じにまとまります。

 

アクセサリー・鞄

アクセサリーは付けていきましょう。おすすめは、昼・夜と式の時間帯を選ばないパールです。

光り物アクセサリーは結婚式・披露宴には控えた方がよさそうです。

バックは、小ぶりのパーティーバッグにします。サブバックなどは、クロークに預けます。

 

NGポイント

白色ドレスはダメ!

白いドレスは花嫁さんだけのもの。オフホワイトも避けた方が良いでしょう。オフホワイトや淡いクリーム色など、遠目で白く見えないか確認しましょう。

 

露出の高いドレス

身体のラインの出るドレスや、露出度の高いドレスは避けます。

またスカートの長さは短すぎるもの、極端にスリットの入ったものは避けます。花嫁よりも目立つこともあります。

出席されている方は幅広い年齢層ですので、結婚式にふさわしい服装を心がけましょう。ノースリーブのドレスの場合は、ボレロなどを羽織りましょう。

 

ファーはダメ

殺傷を連想してしまうので、お祝いの席にはふさわしくありません。

 

サブバックの紙袋

紙袋

サブバックは紙袋ではなく、ぜひきちんとしたものを持ちましょう。ブランド物の紙袋だとしても、「紙袋」です。

 

ブラックパール

パールなら良いと思わる方もいらっしゃるでしょう。ブラックパールはお葬式を連想させるので、可愛いデザインの物でも避けます。カラーパールはOKです。

 

サンダルやミュール・ブーツ

先のあいた靴・ブーツは正装とは言い難いので、避けるようにします。素足もふさわしくないので、ストッキングを着用します。

 

二次会における服装

二次会の招待状には「平服で」と書かれていることが多いですね。では、「平服」とは何でしょう?

 

 

平服=略礼服

「礼服ほどの正装ではないけれど、あらたまった場に適した服」の事をいいます。

平服と書いてある方と言って、ジーンズにシャツと言う恰好では恥をかいてしまいます。

略礼服は、男性の場合ダークスーツかブラックのスーツが基本となります。

女性の場合は、スーツやワンピースです。(パンツスーツでも問題ないです。)

 

 

二次会では会場の雰囲気にも合わせて

結婚式 二次会 服装

二次会は、結婚式や披露宴よりも会場に個性が出ます。

大切なのは、その会場で浮かない・それでいて節度ある服装を心がけましょう。

ここでも基本はフォーマルワンピース・スーツです。では会場別にご紹介しましょう。

 

おしゃれなレストラン

キレイ目・フォーマルなワンピースがおすすめです。サテン生地などの光沢のある服は、華がありますね。

 

カジュアルレストラン・居酒屋系

お祝いの場なので、あまりカジュアルでもくだけすぎてしまいます。「ちょっとしたおでかけワンピース」、「パンツスーツ」をおすすめします。

結婚式・披露宴ではあまり着ない「おでかけの柄物ワンピース」で個性を出しても良いでしょう。

しかしカジュアルになりすぎない様に、靴やアクセサリーなどの小物で高級感を演出しバランスよくまとめましょう。

 

【NGポイント】

  • ここでも「白は花嫁の色」を忘れずに、ドレスを選びましょう。「主役のお二人よりも目立たないこと」を心がけます。
  • 綿素材、メッシュ素材はカジュアルすぎ、またファーを使用した服は避けましょう。

 

結婚式・披露宴・二次会、通しで着ても良いの?かどうか

服装のマナーを守れば、もちろん通しで同じ服装でも大丈夫です。通しで出席するゲストの多くは、同じ服装で参加されています。

気を付ける点としては、結婚式=二次会とならないにすることです。結婚式の方が格式高いのは言うまでもありません。ドレスコードは結婚式に合わせましょう。

 

少しのアレンジで変化を付けて

結婚式・披露宴では格式を重んじてパールを身に付け、二次会では会場に合わせた宝石やスワロスキーなどの光るアクセサリーで雰囲気を変えます。

その他にも、例えば髪のアレンジをちょっと変えてみる、羽織物をシルクやシフォンのストールからボレロへ変えてみるなどの変化を付けるのも良いですね。

sponsored links

 

まとめ

いかがでしたか? 結婚式・披露宴・二次会に着ていく服装がイメージできたでしょうか。服装選びの参考になれば、幸いです。

多くの人がいるお祝いの席です。フォーマルな席に相応しい服装を心がけます。

自分が恥をかくだけではなく、招いてくださった方に恥をかかさないようにします。

マナーを守って、お二人の門出をお祝いしましょう。

 

 

合わせて読みたい結婚式記事

結婚式・披露宴でのアクセサリーの選び方!【女性向け】

袱紗は結婚式に必要?袱紗のマナーを習得しよう!

・納得!結婚式と披露宴の違いを詳しく解説します!

【妊娠お祝いの言葉】どんな言葉をかけるべき?【おすすめ文例集】

ライター紹介 ライター一覧

ひつじ

ひつじ

健康情報とマナーに一家言あるライター

ハンドルネームはひつじ年生まれのため

この人が書いた記事  記事一覧

  • 知っていますか?初盆のお供えを送る時期とおすすすめの品物

  • 部屋が暑い!マンション・アパート最上階の暑さ対策!

  • 部屋が暑い時はどうしてる?涼しく過ごすための対策とは?

  • ムワっと部屋が暑い!その原因と涼しく過ごす4つの対策とは?