1. TOP
  2. 子ども
  3. サンタさんからのクリスマスプレゼントは、いつまで続ける?

サンタさんからのクリスマスプレゼントは、いつまで続ける?

サンタクロースとトナカイ

お子さまへのクリスマスプレゼントいつまで続けるのか疑問ですよね。

サンタさんの存在を疑い始めている我が子。

そして大きくなったのにまだサンタさんを信じている我が子。

どちらもプレゼントをしていいのか悩ましいところですね。

そこで、悩みを解決すべく、クリスマスプレゼント問題を乗り越えてきた先輩ママさんたちに話を聞いてみました。

【クリスマスプレゼントいつまであげる?】区切りのいい学年でやめる!

プレゼント

基本的には、いつまでにやめた方がいい、という決まりがありません。

だから、迷うんですよね。

やめたいという気持ちがあるのであれば、一番スムーズにクリスマスプレゼントの区切りをつけられるのは、小学6年生、そして中学3年生でしょう。

 

小学6年生あたりなら、サンタクロースがパパママサンタであることを知り始める頃です。

中学3年生であれば、多くの子供がサンタさんの正体を知っているでしょう。

「もう小さい子供でもないし、サンタさんからのクリスマスプレゼントは卒業かな?」と思うのであれば、やめどきの参考にして下さい。

 

では実際にサンタさんからのプレゼントをやめることになったとき、

どうやってお子さんに伝えれば、素直に受け入れてくれるでしょうか?

サンタの正体がわかっているとき、サンタを信じているときで、伝え方が変わってきます。

サンタの正体がわかっているお子さんへの伝え方

まずは小学6年生。

サンタクロースの正体がわかっている子供には、

パパママサンタさんは、6年生までだよ」と言えば、しぶしぶながら納得してくれるでしょう。

小学生から中学生になるということは、大人へ一歩近づくことだと子供も理解できるはずです。

 

そして、中学3年生。

中学生もズルズル、なんとなくプレゼントを続けてしまってちょっと後悔・・・・・・というご家庭は、ここがチャンスです。

ほしいものは、パパママサンタからじゃなくて、おこづかいを貯めて買おうか

などと伝えて、区切りよくやめるのはいかがでしょう。

中学3年生ともなると、プレゼントほしいほしいと駄々をこねることもさすがにないはずです。

 

サンタを信じているお子さんへはどう伝える?

もしも、お子さんがサンタクロースを信じているのであれば、言い方にも工夫が必要です。

信じている気持ちを尊重しながら、プレゼントに区切りを入れましょう

「サンタクロースは、小さい子供を笑顔にするのが仕事。世界中にサンタクロースを待っている小さな子がたくさんいる。あなたはもうお兄さん(お姉さん)だし、サンタさんにはもっと小さな子供のところに行ってもらいましょう」

などと伝えるのはいかがでしょうか?

 

また、ひとつのアイデアとして、サンタさんからメッセージを送るというのもあります。

最後にする予定のプレゼントに、お手紙を添えます。

「プレゼントは今年で終わりです。プレゼントをもらったあなたの笑顔を見るのが嬉しかったですよ。来年からは、私を必要としている小さな子供達のところへいきます。元気でいてください」

などと書きましょう。

 

子供が読めるように日本語で書いても、リアリティを出すように英語で書いても、どちらでもいいですね。

ちなみに、どんな年齢であっても、「サンタクロースなんていません! 実は、パパとママでした!」と子供にバラすのはおすすめしません

子供なりに自分で情報を精査しながら正体を知っていくのが理想ですよね。

サンタクロースに限らず、自分で考えて結果を出すことが成長につながります

 

中学生くらいになると、友達などとプレゼント交換をし始めます。

高校生になると、彼氏彼女とプレゼントし合うことも出てくるでしょう。

そもそも、クリスマスにお子さんがいないということも多くなります。

あなたにも、そんな覚えがありませんか?

 

ということで、「クリスマスプレゼントはいつまで続ければいいかな? もうやめようかな」、と思うのであれば、

区切りの良い学年で終えるのがグッドタイミングと言えるでしょう。

さて以下は、私が友人家族に聞いてみた、クリスマスプレゼントの卒業・継続のお話です。

クリスマスプレゼントを卒業した・まだ続けているご家庭のお話

少年 プレゼント

今回の結論を出すにあたり、中学生・高校生のお子さんを持つ友人家族にお話を聞いてきました。

お話を聞いた5家族中、1家族が小学6年生まで。

2家族が中学3年まで。

高校生になってもプレゼントをあげているのが、2家族でした。

サンタクロースがパパママサンタだということも知っています。

 

小学6年でプレゼントを卒業したご家庭は、

親御さんも小学6年生でプレゼントが終わったからという理由で卒業したそうです。

 

中学3年でプレゼントを卒業したお宅のママによると、

中学になると、友達や部活の仲間でプレゼント交換をしているとのこと。

もしかすると、自分がもらうよりも、友達へ贈るプレゼントが大切になるのかもしれませんね。

 

クリスマスも部活のメンバーで過ごしていたようで、ちょっとさびしいと言っていました。

クリスマスの料理もない、プレゼントもないでは、確かに普通の日と変わりませんよね。

「私もさびしくなるかも!」と思ったら、ひとまず中学3年生までは様子を見ながら続けてもいいのではないでしょうか。

 

そして、高校生になってもプレゼントを渡しているのも珍しいことではないようです。

今回聞いた2家族は、お子さんが高校生になっても、お子さんがほしいものをパパママサンタがプレゼントしているそうです。

クリスマスにプレゼントし続ける理由を聞くと、「もう習慣になってしまったから」ということでした。

キリスト教を信仰しているということもありません。

格別、裕福というわけでもありません。

気になるやめどきは、「社会に出るまではあげると思う」とのこと。

ここまで潔くなれたら、悩むことはありませんよね。

 

でも、「うちはうち、よそはよそ」です。

高校になってもパパママサンタがあげるのはなぁ~と思うのであれば、グッドタイミングで区切りをつけましょう。

 

さて、ここまでクリスマスについてお話ししてきました。

クリスマスにパーティーをするご家庭も多いことでしょう。

「パーティーだから宅配ピザでいいか!」ということもありますよね。

大人数の集まりでは、宅配ピザは重宝しますから。

でも、宅配ピザばっかりでは、ちょっと味気ないし、マンネリ・・・・・・。

そこで、お子さんと一緒に用意できるクリスマス定番メニューの記事をご紹介します。

きっと、お役に立てることでしょう。

クリスマスパーティー、料理は何にする?子供のいるママさん必見!

 

ところでクリスマスはもともと海外のイベントです。

海外ではいつまでプレゼントしてるのでしょうか?

海外では、クリスマスプレゼントをいつまであげている?

子供たちが楽しみにしているクリスマスは、キリスト教のイベントですよね。

サンタクロースは、キリスト教の聖人のひとりです。

そして、海外ではいつまで子供にプレゼントをあげるのかというと、答えは「いつまでも」です

 

というのも、海外では、プレゼントを家族で交換します

サンタクロースの正体を知ったあとでも、家族間でプレゼントを贈り合うのが慣習なんです。

ここが、日本のクリスマスと違うところですね。

 

これを踏まえると、サンタクロース(パパママ)からのプレゼントは区切りのよい学年で終わりにして、

家族間でプレゼントを贈り合うのもひとつのアイデアとして挙げられます。

 

お子さんから、パパママへ。

兄から妹へ。パパからママへ。

孫からおじいちゃんおばあちゃんへ。

サンタクロースからのプレゼントともちょっと違い、パパやママなど大人も楽しめるのもいいところ。

家族の絆も強まり、ステキなイベントになりそうですよね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、「子供へのクリスマスプレゼントはいつまであげる?」についてお話してきました。

基本的には、いつまでにやめなくてはいけない、ということはありません。

 

しかし、やめることを考えているのであれば、グッドタイミングは区切りのよい小学6年、中学3年。

やめる際は、子供に一言そえましょう。

きっと納得してくれるでしょう。

サンタさんを信じているお子さんには、工夫して伝えることをお忘れなく。

 

また、海外のクリスマスを参考に、家族間でクリスマスプレゼントを贈り合うのもステキなイベントになりそうだということもお話しました。

もらうワクワク感や喜びもありつつ、プレゼントした相手の笑顔も見られ、楽しいクリスマスを過ごせることでしょう。

 

そして、ここまで読んで、「やっぱり、ずっとパパママサンタでいたい!」と思い直した方もいるでしょう。

それもひとつの考えです。

周囲のことは気にせず、子供のサンタさんでい続けるのもありですよね。

この年齢までにプレゼントをやめなければいけない、ということはないのですから。

 

お子さんへのクリスマスプレゼントに悩まれている方、ぜひ今回の記事を参考にして、楽な気持ちでクリスマスを迎えて下さいね。

 

合わせて読みたい子供に関するお役立ち記事

学習机の選び方の4つのポイント。子どもの成績がグングン伸びる!

【子ども部屋レイアウト】自立した人間としての成長を促すための3つのポイント

【入学祝い】服装や相場、小学・中学・高校・大学入学祝いおすすめ品

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

サンタクロースとトナカイ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

つるまる

つるまる

主婦・2児の母です。
塾事務員を経て結婚、その後退職。現在、家族4人で生活中。
趣味は音楽鑑賞とゲームです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • サンタさんからのクリスマスプレゼントは、いつまで続ける?

  • ゴムパッキンのカビが取れない!効果的な取り方、防ぎ方を教えます!

  • 【ぬいぐるみや人形の捨て方】6パターン!呪い気にせずスッキリお別れ!

  • 【離乳食初期】組み合わせて応用も楽々!簡単に作れる基本メニュー9選!