1. TOP
  2. 子ども
  3. 成長痛で足首が痛いときの対処。痛みの和らげ方

成長痛で足首が痛いときの対処。痛みの和らげ方

子ども
 

子供が「とくに何もしてないのに足首が痛い」と訴えてきたとき、

「成長痛だ」

と思いますよね。

ひどいときには眠れないほどの痛みが起きることもあり、

「何かできることはないか」と探していらっしゃるところでしょう。

さて今回は、成長痛での足首痛みを和らげる対処法、成長痛の原因をご紹介しますね。

成長痛による足首の痛みを和らげる方法

母子

  • 安静にする
  • アイシングをする
  • 温める
  • マッサージ

の4つです。

 

安静にする

「安静にする」というのは、当然と言えば当然ですね。

動かさなくて凝り固まって痛みが出ているのならほどよく動かした方がいいですが、成長痛は成長に伴うものです。

痛みが強いときは安静にしたほうがいいです。

 

冷やす

アイシングは、局所の痛みを取る方法です。

とくに炎症が起きていたりするときは、冷やした方が痛みは落ち着きます。

ただしやり過ぎると血流が悪くなり、“成長”という観点からは望ましくありません。

 

温める

温めることで血流が良くなり、体の成長がスムーズになります。

それによって、痛みが出る期間を短くできます。

 

ただし痛みがある場所を直接温めると、痛みが強くなることがあるので注意が必要です。

温めるとしたら、痛みがある部分を直接温めるのではなく、痛いところより体の中心に近いところを温めることをおすすめします。

 

ここでは足首が痛いときのお話ですから、膝の裏を温めたり、太ももの付け根を温めたりすることです。

同時に足首はアイシングすれば、足首の痛みを直接抑えつつ、血流は良くすることができます。

 

もし膝にも成長痛があらわれたときは同じ考え方で、太ももの付け根や腰を温めてあげるようにしましょう。

 

マッサージ

軽くさする、なでるなどのマッサージです。

子供の不安やストレスを取り除くためのスキンシップになります。

 

これらの方法を、気持ちを込めて、愛情を注いでやって欲しいということです。

もしかしたら痛みの訴えは、子供からの「構ってほしい」というサインかもしれないのです。

そのときのいちばんの対処法は、優しさです。

怒らず、騒がず、寄り添ってあげてください。

気持ちの問題という部分もあり、個人差がありますが、数10分から1~2時間ほどで解消する場合が多いです。

 

また、痛みの訴えは繰り返すこともあり、治まったと思ったら数分後に再び痛みを訴えたりします。

その場合も、穏やかに対処してあげてくださいね。

 

足首の成長痛を和らげる方法は以上です。

以下は成長痛の原因や特徴、そして痛みが成長痛でない可能性の話です。

詳しく知っておいたほうが、適切に、安心して対処できるはずですので、ぜひ最後までお読みください。

成長痛の原因とは

足の痛み

成長痛とは一般的に「骨が成長するときの痛み」と知られています。

しかし、実際には「骨が痛んでいる」という説だけでは説明しきれないのです。

成長痛には確かな原因はなく、医療機関で検査をしても原因不明となるのです。

このような下肢の痛みは、活動が活発となり、体格も大きくなる時期に生じるため「成長痛」といわれてきました。成長軟骨の急激な成長がその原因ではないかとされていますが、成長軟骨そのものの痛みなのか、筋肉・腱・靭帯などが成長に伴い牽引されて生じるものなのか、実際のところ痛みのメカニズムも原因もよく解っていません。立本整形外科いたみのクリニック

このように、検査をしても原因が不明な痛みは成長痛と診断されます。

 

炎症もなく怪我をしているわけでもありません。

では、なぜ突然痛みが起こるのでしょうか?

その理由は2通り考えられます。

  1. 未発達のため、足首・膝・かかとに疲れが溜まって痛む
  2. 精神面の不安

たくさん遊んだ日の夜や走り回った日の夜に痛むのは、疲れが原因かもしれません。

遊びが疲れの原因の場合は、遊び方を見直す必要がありますね。

少しセーブするようにしたり、静かな遊びを取り入れたりするなど工夫しましょう。

 

精神面の不安については、自分の不安などの感情を表現することが難しい子供の場合、感情が痛みとなり成長痛として発症することがあります。

成長痛は、心理的な不安定性も関係し、特に原因がなく痛みが生じる事が多く、筋肉・関節・骨などには異常がないと言われていますが、万が一異常があれば別の疾患が疑われますので昼間も痛がるなどの場合は注意が必要です。かずまさ整形外科

大人でもストレスから腰痛を起こしてしまう人もいるくらいですから、子供はもっと繊細に反応してしまってもおかしくはありません。

 

成長痛の特徴

  • 夕方以降に痛む
  • 3歳から15歳くらいまでの成長期に発症
  • 足首のほか、膝やかかとなどの足に発症。夕方や夜に痛みを発症しますが、朝には治っていることも多い

「夜に痛み、朝には治る」ということを繰り返すこともあります。

年齢は3歳~低学年くらいが、最も多く痛みを感じているようです。

ほかには、第二次性徴期の中学生や高校生に症状がみられます。

成長痛は、炎症などの目立った様子が確認できないことが特徴とも言えますね。

外来診療で多い小児の関節痛は「成長痛」で、夕方から夜にかけて膝や足関節の痛みを 訴える。この場合には、関節の診察で炎症所見を認めることはない。厚生労働省・若年性特発性関節炎 初期診療の手引き(2007 年)

 

「生活環境が変わった」などがあれば、子供の変化が成長痛として現れることもあるようです。(例えば、留守番、いつもそばにいた保護者が仕事を始めたなどが原因の場合も)

ちょっとした変化でも、不安が無意識に成長痛として現れるのかもしれません。

この場合、仮病や演技ではなく、痛みは実際に起きているです。

無意識に痛みとして現れているのです。

成長痛は心の成長(精神の成長)の痛みと言えるかもしれませんね。

精神的に充実すれば症状は回復します。

できるだけお子さんの心に寄り添うように、日々の生活を送るようにしましょう。

 

ここまで、成長痛の主な原因と、特徴についてお話ししてきました。

痛みを訴えるなど、お子さんの突然の変化には保護者の方も驚きますよね。

焦ってイライラすると逆効果になることもありますので、落ち着いて対処しましょう。

 

そのほかに考えられる、痛みの原因

スポーツをしているお子さんは、別の病気の可能性もあります

スポーツなどで体を酷使している場合、繰り返す衝撃でストレスがかかっているオスグット病の可能性も考えられます。

脛骨結節(お皿の下の骨)が徐々に突出してきて、痛がります。時には、赤く腫れたり、熱を持ったりします。休んでいると痛みが無くなりますが、スポーツを始めると痛みが再発します。発育期のスポーツ少年に起こりやすいのが特徴です。日本整形外科学会

また、ひびや骨折、炎症を起こしているかもしれません。

 

早いうちに発見できた方が良いですよね。

「成長痛かな?」と思っても、部活などでスポーツをしていて心当たりがある、というお子さんは整形外科で受診することをおすすめします。

夜間に限らず、常時痛がっているようであれば、必ず受診するようにしましょう

子供の骨の膝周辺に多い成長軟骨は、柔らかい軟骨でできているために、ちょっとした衝撃にも傷つきやすく、なかには軟骨の骨折を起こしてしまう場合もあります。こうなると激痛が生じるばかりか、その部分の骨の成長が止まったり骨が変形したりすることがあり、将来に影響を残してしまうことがありますので激痛であったり、1日中痛がるときは専門医に診てもらうことが必要です。しげの整形外科

思わぬ病気の兆候ということも考えられますね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、子供の足首の成長痛を和らげる方法をお話したあと、成長痛の原因と特徴、そして痛みが成長痛でないときのお話までしました。

 

痛みを和らげるためにできることは、

  • 安静
  • 冷やす
  • 温める
  • マッサージ

です。

 

原因は、疲れや精神的なものが考えられます。

明らかに疲労している場合は、疲れをとるケアをしてあげましょう。

遊び疲れなどの場合は、疲労を残さないようにお風呂上がりのストレッチやマッサージなどを一緒にするのもいいでしょう。

心が不安定だと考えられる場合は、お子さんの様子を気にかけてあげて、労ってあげてください。

マッサージなどで、さすってあげてスキンシップを!

周りの方の優しさが一番の治療法になります!

たくさんかまってあげてください。

 

強い痛みが続くときは、成長痛でないかもしれません。

そのときは早めの病院受診を。

 

突然、お子さんが怪我もなく「足首痛い!」と言い出したらびっくりしますよね。

痛みを和らげる方法を知って、お子さんの痛みを少しでも解消してあげてほしいと思います。

 

ところで私自身の体験談になりますが、夜、子供が「足が痛い」を繰り返したとき、心配しました。

腫れなどの外傷もないし、「成長痛かも」と思いながらも、病院に行きました。

結果は、特に異常なし。

成長痛だったというわけですが、病院で受診することにより、親も子も安心できたんです。

見極めが難しいと悩んだら、専門家に診断してもらうと、保護者の気持ちも楽になります。

そのあと、お子さんの心に寄り添うケアをしっかりすればいいのですから。

今回ご紹介した成長痛の話、そして私の体験談、ぜひ参考にしてください。

 

合わせて読みたい子育て記事

【子育て費用】えっ!!そんなにかかるの!?【0歳~大学卒業】

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

男の子 女の子

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

7053

7053

アパレル業まっしぐら人生

この人が書いた記事  記事一覧

  • 成長痛で足首が痛いときの対処。痛みの和らげ方

  • 顔むくみマッサージで早めに解消!むくみを予防する方法もご紹介

  • 【ぎっくり腰でコルセット】寝るときは外すのが基本

  • まぶたのむくみをとる方法