1. TOP
  2. バイキンが気になる!赤ちゃんのおもちゃの消毒の必要性と方法

バイキンが気になる!赤ちゃんのおもちゃの消毒の必要性と方法

子ども
 

赤ちゃんはおもちゃをどんどん口に入れますよね。

おもちゃをハムハムする姿はとても愛くるしいのですが、親としてはバイキンが気になるところ。

そこで、今回はおもちゃの消毒の必要性と、消毒方法をご紹介します。

外でできる簡単な方法、自宅でする方法もいろいろありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

sponsored links

おもちゃは消毒が必要?

赤ちゃん

消毒に対しては、そこまで過敏になりすぎなくて大丈夫です。

菌という菌を赤ちゃんから遠ざけてしまうと、赤ちゃん自体に菌への免疫ができなくなってしまいます。

菌への免疫がついてくるのも、成長のひとつ。特に、赤ちゃんが指しゃぶりをする時期からは、指からもいろいろな菌が口に入ってきます。

ですので、全ての菌から赤ちゃんを守ることは不可能なんですよね。

しかし、汚れているものはきれいにしないといけませんよね。したがって、基本のスタンスは、「清潔に保つ」という考えでいいでしょう。

ママも過敏になりすぎるとストレスが溜まってしまいますよ

ほこりや汚れはさすがに菌がいますので、水で洗えるものは水ですすぐなどして、水分をしっかりとっておきましょう。

 

おもちゃの消毒方法

でもやっぱり菌が気になる、菌はできるだけ減らしたい!……という方もいらっしゃいますよね。

それでは、おもちゃの消毒方法についてお話ししていきます。

もちろん、過敏にはならないでくださいね。毎日のように消毒をすることはなく、気が付いたときに消毒するスタンスで大丈夫ですよ。

 

除菌シート(洗えないもの、外出先など)

除菌シートは携帯できるものもありますよね。外出先でカートを拭いたり、テーブルを拭いたり、他の子が舐めたおもちゃを拭いたりととても使い勝手がいいです。

家にある洗えないものも除菌シートで拭けるので便利ですよ

選ぶ際は、「『赤ちゃんでも大丈夫』と表示のあるもの」や「ノンアルコールタイプ」を選ぶようにしましょう。

 

スプレータイプ(大型おもちゃ、外出先など)

拭き取り不要の除菌スプレーなら、大型のおもちゃにも最適です。外出先でも使えるし、携帯用に小さなボトルに詰め替えておいてもいいですよね。

万が一赤ちゃんの口に入ってしまってもいいように、自然由来の成分で作られているものなら安心です。

 

煮沸消毒(耐熱加工されているもの)

昔から行われている方法です。

耐熱加工がされているタイプのものならOK。沸騰している状態で15分程度、煮沸消毒しましょう。

 

哺乳瓶洗浄剤(歯固めなど)

赤ちゃんのころに使うおもちゃは哺乳瓶やおしゃぶりなどと同じで、哺乳瓶洗浄剤で消毒することもできます

ミルクを使っていないのにわざわざ購入する必要はありませんが、もしあれば、こちらで消毒してもいいですね。

 

電子レンジ(耐熱加工されているもの)

哺乳瓶などを電子レンジで消毒できる専用容器が売っています。その容器に入るものならそちらを使ってもOK。

こちらも家にあれば使ってみてください。

金属が一部でも使われているとNGです。

 

洗濯(布製品)

ぬいぐるみなどの布製品は、洗ってお日様で日光消毒をしましょう。日陰に干すよりも、日なたに干したほうが、殺菌力は強いですよ。

細菌数を減少させる大きな要因は太陽光に含まれる紫外線です。太陽の高度が最も高くなる12時前後が紫外線量も最も多く、日が傾くとともに紫外線量も少なくなっていきます。天日干しをする時間帯は10時~14時の4時間がお勧めです。

出典:比べる✕調べる

sponsored links

 

外出先のおもちゃはどうすればいい?

ぬいぐるみ

ここまでは、赤ちゃん個人に与えられたおもちゃを想定してお話ししてきました。あなたの赤ちゃんが持っているおもちゃということですね。

しかし、赤ちゃんが接するおもちゃは、それ以外にもあります。では、持ち物以外のおもちゃの消毒はどうしたらよいのでしょうか?

 

消毒をあきらめるしかない場面もある

おもちゃを使って遊ぶのは、家の中にあるおもちゃだけではありませんよね。

児童館へ行ったり、ショッピングモールの広場だったり……不特定多数の子どもたちが使うおもちゃがたくさんあります。

ではそのみんなで使うおもちゃの消毒はどうすればいいのでしょうか?

これはあきらめるしかないですよね。

公共の場で赤ちゃんが触る前におもちゃを拭いたり、スプレーしたりしていたら大変ですし、周りの目もありますよね。

児童館でも消毒するなど、清潔にすることを心掛けています。そのことを踏まえ、おもちゃで遊ばせましょう。

しかし、見た目に明らかに汚いものなどは持っている除菌シートでキレイにしておくと、ほかの方も気持ちがいいかもしれませんね。

また、自分の子が舐めてしまったおもちゃを拭き取って戻すのは、マナーとして良いのではないでしょうか。

 

おもちゃの消毒はできなくても、自衛はできる

ウイルスには流行時期があります。例えば、インフルエンザの流行する時期、胃腸炎の流行する時期など、その時期はできるだけ大勢の子どもたちが遊ぶ場所には行かないことです。

不特定多数のお子さんが触るおもちゃから遠ざかるということですね。

菌から遠ざけすぎるのもよくありませんが、インフルエンザのような重症化する可能性があるウイルスから赤ちゃんを守るのも大切です。

ちなみに、筆者はあまり菌などを気にしないタイプではありますが、インフルエンザが流行している時期は、児童館へ行くことを控えていました。

また、菌が気になるのであれば、ワクチンをしっかり打って予防することも大切です。

定期接種、任意接種どちらもしっかり打って、もしその菌が体に入っても重症化しないよう予防しましょう。

予防をしなければ、おもちゃばかりに気をとられていても意味がありませんよね。

 

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんのおもちゃの消毒の必要性、方法などについてお話ししてきました。難しい方法ではないので、気軽に消毒できると思います。

おもちゃを清潔にするのは大切です。でも、赤ちゃんの免疫力UPのためにも菌とうまく付き合うのも大切ですよね。

このさじ加減は、各家庭でさまざまだと思います。

ですが、あまり過敏になってもママも疲れるだけですので、必要以上に神経質になるのは避けましょう

 

合わせて読みたい赤ちゃんの記事

赤ちゃんが歯磨きを嫌がる!対策や好きにする方法は?

【赤ちゃんの便秘】何日うんちが出なかったら病院へ行くべき?

生後2ヶ月の赤ちゃんへのおもちゃは何がおススメ?

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

lotta

lotta

主婦・2児の母です。
結婚前までは子供服店店長を務めていました。結婚を機に退職、現在は2児の母を満喫中です。
趣味:ショッピング、カラオケ

この人が書いた記事  記事一覧

  • 仕事中のつわりの正しい乗り切り方。休みたいなら休もう!

  • 「早く妊娠したい!」と思ったらすぐやったほうがいいこと

  • 【妊娠の疑問解決】生理直後に妊娠が発覚する可能性ってある?

  • 基礎体温のグラフ「妊娠したい」「妊娠しているか」の参考に!