1. TOP
  2. 子ども
  3. 【赤ちゃんの予防接種の疑問】任意接種は必要?それとも不要?

【赤ちゃんの予防接種の疑問】任意接種は必要?それとも不要?

子ども
 

赤ちゃんが生後2ヶ月になるころから、予防接種のラッシュがはじまりますね。

予防接種は、もしその病気にかかっても重症化させないために受けるものですが、

任意接種”のものについて、接種を迷われていませんか?

これから、接種を受けるかどうか、その判断材料になるお話をしていきます。

定期接種と任意接種の違い

注射

まず「定期接種」と「任意接種」の違いを知っておきましょう。

  • 定期接種→国や自治体が勧めるワクチンで、公費でまかなわれるため、ほぼ無料で受けることができます
  • 任意接種→接種の代金は保険適用外なので、それなりの金額が必要です

違いは、公費でまかなわれるか、まかなわれないかだと思ってください。

 

病気の重要度はどれも一緒だという認識でいましょう。

任意だからといって、軽い病気ということではありません。

実際、重症になったり、入院が必要になったりすることもあります。

自治体によっては、任意接種に対して助成金を出しているところもあるので、確認してみてくださいね。

 

任意接種が定期接種になることも

現段階で任意接種とされているものでも、ゆくゆくは定期接種となるものもあります。

現在、定期接種である「水ぼうそう(水痘)ワクチン」や「B型肝炎ワクチン」も、元は任意接種でした。

今後もこのように、任意接種を定期接種化すると厚生労働省が発表しています。(※種類や時期は未定)

 

任意接種だからといって、その病気の症状が軽いわけではありません。

ただ、お金がかかります。

 

ここまでの情報でも、

「症状が重いかもしれないなら、お金かけてでも受けておきたい」

「お金がかかるならやめておこう」

という判断ならできますよね。

 

あとは、兄弟の有無や保育園・幼稚園園への登園予定等で、受けることをおすすめしたい人がいます。

任意接種の判断材料

兄弟はいますか?

赤ちゃんのいるご家庭に兄弟はいらっしゃいますか?

兄弟の人数が多ければ多いほど、ウイルスを持ってくる可能性はどうしても高くなります。

特に、幼稚園や小学校などで集団生活をしている兄弟がいる場合は、ウイルスを持ち込む可能性は高いですね。

 

保育園には通いますか?

赤ちゃんのころから保育園に入れる予定がある方は、どうしてもウイルスをもらってくる可能性が高いといえるでしょう。

もちろん100%感染するわけではありません。

しかし、家にいる赤ちゃんよりも、保育園に行っている赤ちゃんのほうがウイルスに感染する機会が多いです。

 

副作用が心配ですか?

注射

任意接種に限らず、どんな予防接種も副作用はつきものです。

もちろん副作用が出ない子もいますが、出る可能性もあります。

一般的には発熱や腫れなどですが、なかにはじんましんやアナフィラキシーショックが出るお子さんもいます。

 

予防接種はほとんどが同時接種となります。

そのため、どのワクチンで副作用が出たのか見極めることが困難です。

これがデメリットだとも言えるでしょう。

 

生後4ヶ月で2ヶ月間入院したケース

これは筆者の知り合いのケースです。

実際にあったケースですので、判断材料としてお話ししますね。

赤ちゃんが生後4ヶ月のとき、任意接種のある病気にかかってしまいました。

重篤化し、赤ちゃんの入院生活は2ヶ月という長いものになったんです。

任意接種は受けていませんでした。

 

その方がおっしゃっていたのが、

「こんなにひどくなるものだと思ってなかった。赤ちゃんにかわいそうなことをした」

という言葉でした。

 

赤ちゃんも病気にかかりつらいだろうし、親としても苦しいですよね。

保護者の判断は、赤ちゃんの生命に関わるかも知れないということを知ったケースです。

まとめ

いかがでしたか?

「任意接種は必要!」と言い切ることはできません。

必要か不要か決めるのは赤ちゃんの保護者しかできないのです。

迷われていたら、定期接種と任意接種の違い、いろいろな判断材料をもう一度吟味しましょう。

 

それでも結論が出なければ、「とりあえず受ける」とことをおすすめします。

迷っている間は、ずっと頭の中がモヤモヤするものです。

そして任意接種は受けられる時期が決まっていて、あまり悩んでいると接種可能時期が過ぎてしまいます。

迷い続けていると、接種可能な時期を過ぎても「受けておけば良かったかも」と、ずっとモヤモヤします。

 

とりあえず受けて、副作用が出なかったらそれで頭の中はスッキリしますよね。

だから、ここまで読んでまだ結論が出せないなら、「とりあえず受けよう」と決めることをおすすめします。

 

ところで、お金の話になりましたので、ついでに。

今後の子育て費用、いくらかかるか知ってますか?

「お金がかかるのは、まだ先のこと」と余裕に思っていると、お金が必要なそのときになって苦労するパターンになりがちです。

心の準備をしておくために、実際にいくらかかるのか知っておきましょう。

【子育て費用】えっ!!そんなにかかるの!?【0歳~大学卒業】

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

lotta

lotta

主婦・2児の母です。
結婚前までは子供服店店長を務めていました。結婚を機に退職、現在は2児の母を満喫中です。
趣味:ショッピング、カラオケ

この人が書いた記事  記事一覧

  • 赤ちゃんって、生後1ヶ月だと視力はどれくらい?どんな遊びがいい?

  • 【中絶ができる時期】手術可能な期間はいつからいつまで?

  • 【赤ちゃんの予防接種の疑問】任意接種は必要?それとも不要?

  • つわりでゲップが出そうで出ない!苦しいときの出し方教えします!