1. TOP
  2. 美容
  3. 妊娠中は、市販のヘアカラーは悪影響があるかも。美容室が安全。

妊娠中は、市販のヘアカラーは悪影響があるかも。美容室が安全。

美容
 

 妊娠中でもおしゃれには気を使いますよね。

 とくに出産が近づいてくると

「産後退院してからしばらく染められないし、その間にプリンになるのもイヤだしな~」

と思われ、ヘアカラーを検討されることでしょう。

 市販のヘアカラーを検討中の方も、安全にプリンを避けるために最後までお付き合いくださいね。

妊娠中でもヘアカラーは可能

 以前は「胎児に悪影響がある」などと言われていた妊娠中のヘアカラー。

 薬剤が毛穴から血液に入り込み、胎児に悪影響を及ぼす、などと言われていたようです。

 でも、これって医学的に危険があるという証明はされていないんです。

 最近では、妊婦さんでもヘアカラーを楽しむ人が増えています。

 ですので、妊娠していてもヘアカラーをすることは可能です。

 

OKだけど、リスクはある

 ヘアカラーすることで、母体や胎児に悪影響があるという医学的証明はされていません。

 が、手放しで「OK」ということでもないのです。

 というのも、妊娠中は皮膚がとてもデリケートになっています。

 思わぬことで、湿疹や痒みがでたりすることがあります。

 

 ヘアカラー剤は普段でも刺激があるものです。

 いつもは大丈夫でも、トラブルが起きてしまう可能性があります。

 また、ヘアカラー剤って、においが強いものが多いですよね。

 妊娠中、とくにつわりの最中は嗅覚も敏感になっていることがあります。

 においをかいで吐き気を催すことも。

 大丈夫であっても、リスクが全くないとは言えないんですよね……

 

妊娠中にヘアカラーを行う際の注意点

 では、ヘアカラーをしたい妊婦さんに、注意点をお話ししていきますね。

 

つわりがあるときはヘアカラー剤のにおいに注意!

鼻と口を押さえる女性

 上記にも挙げましたが、ヘアカラー剤のにおいは強いですよね。

 いつもは我慢できても、妊娠中はちょっとしたにおいでも吐き気を催すことがあります。

 しかも、カラー中はマスクを外さないといけない場合が多いので、においを防ぐのが大変。

 ということで、つわりが重い方やにおいに自信がない方は、妊娠初期は控えた方が安全です。

 

 また、美容室によってはにおいが少ない薬剤を取り扱っているところもあります。

 予約時に聞いてみるのもいいですね。

 

 かなりつわりが重い人になってくると、

「美容院の匂い自体無理」

となるようで、その時期はつわりが落ち着くのを待った方が良さそうです。

 

市販のヘアカラーは控える

 美容室に行くよりも手っ取り早く済むのが家庭でできるヘアカラー。

 普段利用されている方も多いのでは?

 でも、妊娠中の使用は控えた方がいいでしょう。

 市販のヘアカラー剤は、美容室で使用しているものよりも刺激が強いものが多く、肌トラブルの元になります。

 妊娠中の使用を避けるよう注意書きがあるものもあります。

 

 いろんなメーカーのものがありますし、成分も様々で、そこまで調べていてはキリがなくなってしまいます。

 美容室では美容師さんたちは扱っているものに関しては知識があります。

 ヘアカラーするのであれば、美容室ですることをおすすめします。

 といったところで、

「美容室に行こうかな」

と思われた人のために、2ページ目に美容室に行くときの注意点をまとめます。

“続きを読む”をタップしてご確認ください。

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

つるまる

つるまる

主婦・2児の母です。

塾事務員を経て結婚、その後退職。現在、家族4人で生活中。

趣味は音楽鑑賞とゲームです。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 簡単にできる!入浴剤を手作りして贅沢なバスタイムを過ごそう

  • サンタクロースに手紙を出したい!お返事が来るかもしれない住所は?

  • サンタさんからのクリスマスプレゼントは、いつまで続ける?

  • ゴムパッキンのカビが取れない!効果的な取り方、防ぎ方を教えます!