1. TOP
  2. 美容
  3. 女性の痩せやすい時期。それは生理後です。

女性の痩せやすい時期。それは生理後です。

美容
 

カレンダー

せっかくダイエットするなら「痩せやすい時期に取り組んだほうが楽」と思いますよね。

女性の身体はひと月の間にもホルモンバランスが大きく変化しますので、痩せやすい時期と、痩せにくい時期があります。

食事制限や運動の効果が出やすい時期にダイエットをして、少しでも楽に痩せちゃいましょう。

痩せやすい時期は生理後

体重の落ちやすい時期、それは生理終了直後から排卵前。

 

女性の身体というのは、不思議。

生理周期のリズムによってものすごく変化が生じます。

それは、女性ホルモンに依存しているからです。

 

その女性ホルモンとは

  • エストロゲン
  • プロゲステロン

という2種類のホルモン。

 

「エストロゲン」は排卵に関わるホルモン。

分泌量が増加すると

  • 新陳代謝が良くなります
  • 集中力が高まります

それらにより、ダイエットの効果が出やすくなります。

おまけに、肌や髪の潤いもアップします。

 

この「エストロゲン」が多く分泌されるのが生理終了直後から排卵前の時期。

この時期に一念発起してダイエットに励むと、効果が上がりやすくなるのです。

 

反対に「プロゲステロン」というホルモンの分泌が多くなる排卵後~生理中は、女性にとっては憂鬱なもの。

身体が水分や塩分をためこみやすく、便秘がち・むくみがちになります。

便秘や肌荒れ、疲れやすさなどの体の不調があらわれやすく、気分もイライラしがち。

 

メイクののりがいまいちだったりするのも、大体この時期です。

体を動かす気分になりにくいことも、ダイエットが停滞しやすくなる理由のひとつです。

 

しかし排卵後~生理中に無理にダイエットに取り組んでストレスを溜めてしまっては、食欲が刺激されてしまいます。

この停滞期は、ハーブティを飲んでリラックスするなど、ゆったり過ごすのをおすすめします。

 

さて、では痩せやすいタイミングに、どんなことに取り組むのがいいでしょうか?

生理後の痩せタイミングに、何をするか

的

身体がもっとも痩せやすくなっている生理後。

このチャンスを活かすには、やはり有酸素運動を取り入れるのが効果的です。

 

ジョギングやウォーキングなどを取り入れて、運動量を増やしましょう。

ジョギングやウォーキングなど軽い有酸素運動の目安は、15分以上です。

ちょっとハードなものに取り組むのでしたら、もっと早く効果を得られるでしょう。

 

生理後の時期は、筋肉量を増やすのにも最適なホルモンバランスになっています。

基礎代謝を上げるために、スクワットや腹筋などのキツめの筋トレもおすすめです。

 

日ごろから強めの運動をしているや、逆に運動不足な人も、前後にストレッチを取り入れましょう。

身体の柔軟性がアップすると、血液循環が増し、新陳代謝が活発になります。

より高い脂肪燃焼効果が期待できます。

 

ストレッチに取り組むとすれば、まずは体の中心、腰から行うことをおすすめします。

人類は長く腰痛に悩まされ続けていますので、今は大丈夫なあなたも、早めにストレッチで強化しておくと、将来も安心です。

腰痛解消・予防のためのストレッチ。サクッと解消、超簡単!

運動と同等以上に大事なのは、食事です。

「運動頑張ったから」と、食事がルーズになってしまっては、痩せやすい時期でも痩せません。

気をつけたいポイントがあります。

食事で気をつけたい3つのポイント

ダイエットの効果が出やすい生理後。

効果的に過ごすための、3つのポイントがあります

 

1:栄養のバランス

和食

食事は、和食中心にして、1日3食、栄養バランスよく取り入れましょう。

 

メインは、赤みのお肉、お魚、お豆腐など。

低脂肪でタンパク質の多い食品を選ぶと良いです。

おすすめは、鶏肉。

脂肪分が少なくて、タンパク質が豊富な鶏肉は、ダイエットには非常にありがたい食材ですね。

 

副菜もあわせて、できるだけ多くの色を取り入れることを考えて見てください。

、黒、

これらの5色をバランスよく取り入れると栄養バランスも整います。

1日のトータルで考えるようにすれば、そこまで大変にはならないと思います。

 

2:食べる順番

食べる女性

食べる順番にも、気を付けましょう。

はじめは、野菜から食べるようにしてみましょう。

野菜は、食物繊維を多く含むため、噛んでいるうちにお腹が膨れてきます。

そのうちに、自然と少量の食事で満足できる身体へと変化するようになってきます。

 

少量の食事で満足できるようになるためにはプチ断食も有効ですので、プチ断食のやり方の記事を紹介しておきます。

【プチ断食のやり方】1日断食に3日かけてゆるやか安全デトックス!

 

3:カロリー控えめ

摂取カロリーの計算までやろうとすると大変ですので、炭水化物だけ少なめにするのがいいでしょう。

減らしすぎても体調不良の元になりますから、

「炭水化物は今までの80%にする」という考え方がおすすめです。

 

ところで、痩せやすい時期に痩せたとして、痩せにくい時期にリバウンドしてしまっては意味がありませんよね。

痩せにくい時期に体重を増やさず乗り切るには、コツがいります。

痩せにくい時期(排卵後~生理中)を乗り切るコツ

排卵後から生理中は停滞期です。

ダイエットを頑張っても、結果が出にくい時期です。

 

疲れやすく、ストレスも感じやすくなる時期なので、

「体重維持できたらいいや」くらいの気持ちで、無理なダイエットは避けるのが良いでしょう。

 

運動を取り入れるのなら、簡単なものを。

運動しなくてもカロリー消費できる方法もありますので、そういった方法を取り入れるのもアリですね。

 

思うような結果が出なくても、落ち込むことはありません。

「そういう時期なのだ」と割り切ってしまいましょう。

 

日ごろ身体を動かしている人は、じっとしている方が落ち着かないこともあるでしょう。

ペースを崩さない程度の運動をお勧めします。

 

イライラとして甘いものが、無性に欲しくなるのもこの時期。

そんなときは、フルーツを食べてみては?

果物

果実は食物繊維を多く含み、ビタミンの豊富なものもたくさんあります。

便秘改善にも一役買ってくれますよ。

もちろん糖質が多いので食べ過ぎは注意ですけどね。

まとめ

女性の痩せやすい時期は生理後です。

やみくもにダイエットをするのも良いですが、自分の身体を見直して計画すると、

より楽に・より楽しくダイエットライフを充実させることができそうです。

 

また、「今まで、怒りっぽい私だったのはホルモンのせいだった」と気づけば、対処法もみつかるというもの。

ダイエットもハッピーライフも女性ホルモンと相談して、過ごしていけると楽しいですね。

 

ダイエットに成功したければ、成功者に学ぶべき

ダイエット成功者12名に聞いた!40kg減量体験談アリ!

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

カレンダー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

蒼い魚

蒼い魚

ストレッチインストラクター。

約15年、企業で経理職を経験。週末だけのインストラクターを本業にし、現在はストレッチを教えています。

趣味は洗い物。知人の家で鍋を磨いちゃったりしています。くもったガラスなんかを見ると、磨かずにはいられない。これって趣味ですよね?


この人が書いた記事  記事一覧

  • 女性の痩せやすい時期。それは生理後です。

  • 腰痛解消・予防のためのストレッチ。サクッと解消、超簡単!

  • 【プチ断食のやり方】1日断食に3日かけてゆるやか安全デトックス!

  • 【2週間で5キロ痩せるには】速攻痩せしたいときに!