1. TOP
  2. 2ヶ月で5キロ痩せるには、何から始める?

2ヶ月で5キロ痩せるには、何から始める?

美容
 

2ヶ月で5キロ痩せるにはどうすればよいのかお悩みのあなた。

2ヶ月後には何が控えているのでしょうか?

身体測定?

結婚式?

それともひさしぶりに彼氏に会う?

いずれにしても、あなたにとっては2ヶ月後が勝負のときなのでしょう。

大丈夫です、きっと間に合います。

2ヶ月で5キロって、1日に換算するとどのくらいか。

5キロは5000グラム。

5000グラムを60日で割ってみると…。

83.33グラム。

そうです、1日84グラム、から揚げ1個分です。

どうですか?

1日それだけ減らすのは、あっという間ですよね。

それを8週間続けるだけです。

「おや? 簡単?」

そう思ったなら今すぐチャレンジしてください!

sponsored links

 

2ヶ月で5キロ痩せるには、食事制限を

ダイエットの基本は、9割が食事制限、1割が運動と言われています。

短期間で体重を減らすのに、始めから運動をするのは実は効率が悪いのです。

まずは食事制限からです。

体重を1日で84グラム減らすだけです。

さあ、ここからもっと具体的な話をしていきます。

 

栄養バランスに気を付けて

野菜

食事制限をする際に気を付けたいのは、とにかく食べる量を減らせば良いという思い込み。

食事の量は、あまり問題ではありません。

大事なのは食事の内容。

あなたの食卓に並んでいるものを見てください。

かつ丼、から揚げ、天ぷら…などなど並んでいませんか?

気を付けて頂きたいのは、栄養バランスです。

 

栄養バランスの崩れた食事では、体重が落ちにくくなる停滞期がやってきます。

そこを上手く切り抜けるためにも、きちんとした栄養バランスは必要です。

バランスの崩れた食事は、肌荒れ、便秘なども起こしがち。

食べる量ではなく、カロリーに目を向けて、ボリュームたっぷりでも、カロリー低めの食事で、満腹かつヘルシーな食事を取り入れていきましょう。

「とにかく野菜を多くする」というのが一番簡単なアイデアです。

 

つぎの記事はダイエット中のメニューの参考になるでしょう。

意外と簡単!ダイエット食事メニュー作成の4つのポイント

 

間食のタイミング

時計を持つ猫

間食をやめますか?

いいえ、カロリーさえきっちり計算できているなら止める必要は全くありません。

ただ、食べる時間は変えてみましょう。

 

甘いものを食べると太るといわれる原因は、糖分。

「糖分」は、合成されると中性脂肪に変化し、体内に蓄積するので困りものなのです。

どうにかしてそれを阻止したいところです。

脂肪が増えると体が温まりにくくなり、動き始めるのがおっくうになったりします。

そうするとそのぶん1日の活動量が落ちて、消費するカロリーが減ってしまいますよね。

 

だから、なるべく脂肪を増やさないようにしましょう。

そのためにはタイミング。

食後のデザートという言葉はありますが、食後すぐのデザートは避けた方が良いでしょう。

ご飯を食べて上昇している血糖値をさらに上げることになってしまうのです。

血糖値が高くなると、それを下げるためにホルモンが働き、糖は脂肪に変わりやすくなります。

 

ですので、デザートの良いタイミングは、食間。

ご飯とご飯の間です。

 

消化吸収するのにもカロリーを消費している

動物は、食事し消化吸収するのに、カロリーを消費します。

そのとき口に入れたものによって消費するカロリーが変わってきます。

脂質、糖質に比べてタンパク質の方が、断然消費カロリーは高いのです。

タンパク質多めの食事のほうが、消化するためにカロリーを使うのです。

どれくらい差があるかは、厚生労働省のe-ヘルスネットの該当ページをご覧ください。

 

筋肉を付けることも大事

さて体重が少し落ちたら、いよいよ筋肉を付けることを考えましょう。

 

見た目の話

実は、ダイエットには欠かせない筋肉。

ただ細くなっても、メリハリのない体つきだと気持ち悪いでしょう?

「高身長で細いけど、美しくない」

という人を見たことはありませんか?

ただ体重を落とすだけでなく、少しは筋肉をつけましょう。

 

基礎代謝

筋肉は消費カロリーの基礎代謝を上げるのに必要なものです。

筋肉量が多いほど、わずかながら代謝が上がり脂肪燃焼も多くなります。

 

運動のアイデア

一番良いのは、有酸素運動。

筋肉を鍛えつつ、それなりのカロリー消費を見込めます。

運動と義務付けてしまうと辛くなりがちです。

日ごろの動きの中で、筋肉を付けることを考えていくと良いですね。

 

ここでは日常生活の中で筋肉を付けられるものを少しご紹介します。

  • 階段を使う
  • 通勤、通学等で電車の場合、一駅前で降り歩く
  • 床掃除を雑巾がけで
  • 落し物を拾う際には、しゃがんで拾う
  • 信号の点滅では、走る
  • 呼吸をゆっくりする(とくに吐く息)

などです。

 

家事も、もちろん動きによって筋肉を付けることが可能です。

あなたも普段の動きの中で筋肉を鍛えられそうな動きをしているのを発見できると思います。

少しワクワクしませんか?

sponsored links

 

まとめ

いかかでしたか?

今回は、2ヶ月で5キロ痩せるには何から始めるかというお話しでした。

まずは食事制限です。

そしてちょっと運動しましょう。

 

意外に簡単に落ちる気がするダイエットですね。

あとは、今回のダイエットが成功したあとですね。

「終わった~」

と思ってホッとした途端に暴飲暴食をしてしまいがち。

せっかく栄養バランスの良い食事を摂る生活に変えていても、一気に元に戻ってしまったり…

気を引き締めて、身体をスリム体質にしてしまいましょう。

 

話だけ聞くと、なんだか簡単に思えるダイエット。

大切なのは日々の積み重ねなのです。

あなたの身体にとって良いことが、自然と痩せ体質に近づいていく、最も速いダイエットなのです。

 

※もともと体重が軽い人は、この方法では痩せません。あくまでも健康的な体づくりの範囲での話ですのでご了承ください。

 

おすすめの、ダイエット関連記事

劇的!ダイエット成功ビフォーアフター!成功者11名画像・体験談アリ!

ウォーキングのダイエット効果と消費カロリーの関係!

「痩せたいのに食べてしまう」その食欲から解放されるのは?今でしょ!

カチカチ→ほっそり!【ふくらはぎ痩せ】筋肉を落とす方法

ライター紹介 ライター一覧

蒼い魚

蒼い魚

ストレッチインストラクター。
約15年、企業で経理職を経験。週末だけのインストラクターを本業にし、現在はストレッチを教えています。
趣味は洗い物。知人の家で鍋を磨いちゃったりしています。くもったガラスなんかを見ると、磨かずにはいられない。これって趣味ですよね?

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【腰痛予防】辛い痛みを回避する!らくらく簡単5分間ストレッチ

  • 背中のこりで痛みが!その悩みはストレッチで解消しましょう!

  • ファスティングを成功させる!プチ断食野菜ジュースを詳しく解説!

  • 自宅で簡単にできる!1日5分で体を柔らかくする方法とは?