1. TOP
  2. 「ずっとニキビが治らない」その原因と治し方!

「ずっとニキビが治らない」その原因と治し方!

美容
 

ずっとニキビが治らない

お手入れをしても、いつもどこかにニキビができていて、鏡を見るたびに憂鬱な気分になっていませんか?

情報もたくさんあって、何をどうしていいかわからなくなることもありますよね。

ここでは美容部員としての経歴をもつ私が、毎日の生活の中でできるお手入れ方法と、生活習慣についてご紹介していきます。

そのままでは治りにくい“黒ニキビ”のケアについてもお話ししますね。

ニキビとさよならして、メイクやおしゃれを心から楽しみましょう。

sponsored links

ニキビができているときの基本のスキンケア方法3つ

  • 洗顔
  • 保湿
  • 清潔

の3点において、気をつけておきたいことがあります。

以下で詳しく解説します。

 

洗顔

洗顔する女性

「ニキビができているときは、とにかくこまめに洗顔する」

というあなた。

実は洗顔のしすぎで、お肌が余計に皮脂を分泌してしまうことも。

洗顔は朝と夜に洗顔料を使って行い、汗などをかいて朝晩以外にも洗顔をしたいときには、洗顔料を使わないかお肌にやさしい洗顔料を使って、保湿をしっかりしましょう。

すすぎ残しがないように、洗う以上に時間をかけてすすぎを丁寧に行いましょう。

 

保湿

「ニキビができているときには、油分をとにかく避けて化粧水のみ」

というあなた。

それが皮脂の過剰分泌の引き金になっていることも。

またお肌が炎症を起こしている状態なので、お肌にやさしいスキンケアを選ぶことも大切ですよ。

化粧水をたっぷり塗ったあとは、その水分を閉じ込める乳液などのさらっとした使い心地の保湿ケアを忘れないようにしましょう。

 

そういったケア用品であなたにあったものがすぐに見つかるとよいのですが、見つかったとしてもいろいろ塗るのって面倒ではありませんか?

そうなってしまうとケアがおろそかになって、結局は

「ずっとニキビが治らない」

ままになったりします。

ということで、私も使っていたケア用品をひとつ紹介しておきます。

つぎの記事におすすめする理由を書いていますので、気になったら読んでみてくださいね。

フェイスラインのニキビ専用ジェル“メルライン”をオススメする理由!

 

清潔

ニキビができているときは、肌に触れるものが清潔かどうかをもう一度確認しましょう。

肌に触れるタオル、枕カバー、髪の毛や整髪料などが刺激になっていることも。

そして、女性であれば意外と盲点なのがファンデーションのスポンジやメイクブラシです。

コロッケのような真っ茶色のスポンジを使っていたりしませんか?

せっかくお手入れしていても、それでは汚れた雑巾で汚れを広げているようなものです。

肌に触れるものは、柔らかくて清潔なものを選びましょう。

 

ニキビを寄せ付けない生活習慣3つ

その3つとは

  • ホルモンバランスを整える
  • 腸内環境を整える
  • ニキビに有効な栄養素を積極的にとる

です。

詳しく見ていきましょう。

 

ホルモンバランスを整える

特にあご周りやフェイスラインなどの、男性で言えばひげが生えやすい場所に、大きなニキビが繰り返しできる場合はホルモンバランスの乱れが原因かもしれません。

ストレスや暴飲暴食、不規則な生活、栄養不足が続くと、ホルモンバランスが乱れてニキビや肌荒れを起こしやすくなります。

一見遠回りに見えるかもしれませんが、生活習慣を見直すことでニキビができにくい体質に近付けます。

生活習慣が整うと、心と体のバランスも整って、ストレスにも負けにくくなるおまけつきです。

 

腸内環境を整える

人体模型

昔から“皮膚は内臓の鏡”と言われ、特に胃腸の状態が表にあらわれやすいと言われています。

便秘や、暴飲暴食による胃腸への負担がニキビとしてお肌に出ていることもありますので、気を付けましょう。

 

ニキビに有効な栄養素を積極的にとる

ニキビには

  • 皮脂の分泌をコントロールしてくれるビタミンB2とB1
  • 角化異常で毛穴をふさいでしまうのを防いでくれるビタミンE
  • 色素沈着を防いでくれるビタミンC

など、肌荒れに効果的な栄養素を積極的に摂りたいですね。

ホルモンバランスが原因の場合は、大豆イソフラボンも有効です。

便秘を防いでくれる食物繊維とマグネシウムもプラスするとさらに効果的です。

具体的にどういう食品にそれらが含まれているかはつぎの記事にまとめましたので、食事のバランスを整えたうえで余裕があるようでしたら参考にしてみてください。

食生活で肌荒れ改善!効果的な栄養素が豊富に含まれる47の食べ物!

 

黒ニキビができてしまったときのお手入れ

ポツポツと毛穴が黒ずんで見える“黒ニキビ”は、とくに鼻の頭やおでこなどにできやすく、第一印象やメイクの仕上がりを左右しますね。

できてしまうと憂鬱な気分になりますよね。

ニキビの原因は、毛穴に詰まった皮脂です。

それが空気に触れて酸化したものが黒ニキビなのです。

ですので、これが自然に治るのには時間がかかるのです。

「ずっとニキビが治らない」

というかたは、このタイプのニキビになっていることも考えられますので、以下で黒ニキビのケア方法をお話しします。

 

順序としては、

  1. 毛穴パック等で角栓を取り除く
  2. オイルマッサージで皮脂を取り除く
  3. ニキビの炎症を抑える化粧水などを使う

です。

ニキビは白→黒→赤→黄の順に進行しますので、白ニキビのうちに対策を取れたら一番良いのですが、既にできてしまって、放っておいても良くなる見込みのないものは取り除くことが大切です。

 

毛穴パック等で角栓を取り除く

まず最初に毛穴パックなどでお肌の表面に出ている角栓を取り除きましょう。

ただし、炎症を起こしている赤ニキビ、膿を伴う黄ニキビまで進行している場合は控えましょう。

目に見えて角栓が取れるので楽しいのですが、頻繁にやってしまうと角栓だけでなく周りの皮膚も一緒に剥がしてしまいます。

月に1~2回程度にとどめておくのが鉄則です。

 

オイルマッサージで皮脂を取り除く

by-krnkb-oil

黒ニキビの原因は酸化した皮脂です。

毎日のお手入れで皮脂を取り除くことが大切ですが、酸化して固まってしまった皮脂を取り除きたい場合には、洗顔だけでは不十分です。

石鹸や洗顔フォームなどで落とすことができるのは、おもに古くなった角質や汗やほこりなどのタンパク質の汚れ。

皮脂は油なので、メイク落としやオリーブオイル、ココナッツオイルなどの油の中に溶かしだして落とすことが必要です。

メイクをしていなくても、皮脂を取り除くためにメイク落としかオイルマッサージをプラスしてみてください。

そのあと、通常通り洗顔をします。

このお手入れを続けていくと、角栓が柔らかくなり詰まっていた皮脂が排出されやすくなり、初期段階の白ニキビもできにくくなります。

ニキビができていると、とかく油を嫌う人もいるようですが上手に味方に付けましょう。

 

ニキビの炎症を抑える化粧水などを使う

皮脂の汚れをしっかり取り除いたあとは、ニキビの炎症を抑える化粧水などを適切に使いましょう。

最後に必ず水分が逃げないように乳液やクリームなどでのお手入れも忘れずに。

乳液

肌は“水分が不足している=潤い不足”と感じると、頑張って皮脂を分泌しますのでニキビができやすくなってしまいます。

ニキビができているときには、油分を含んだスキンケアを省いてしまいがちですが、薄くでいいので、きちんと使いましょう。

 

固い芯のある黒ニキビの場合に有効なスペシャルケア

押し出す

原始的な方法ですが、皮膚科でも行われているように角栓を押し出すことも意外と有効です。

ただ、間違った方法で行うと皮膚を傷つけて炎症をおこしたり、メラニン色素が沈着してニキビ跡になったりしますので、細心の注意を払って行うか、皮膚科でやってもらうのが良いでしょう。

爪でぐっと押し出すのは絶対にNGです。

皮脂腺がつぶれて詰まってしまったり、お肌の組織を壊したりすることもありますのでやめましょう。

指の腹を使って優しく押し出すか、毛抜きを使って肌を傷つけないように角栓だけを引っ張りだすようにしましょう。

ニキビの部分に押し当てるだけでいいような専用の道具もありますので、それを使うとスムーズにいきやすいです。

たとえば楽天市場にはつぎのようなものがあります。

参考:カハダ アクネケアインストラメント(ニキビ圧出器)【楽天24】[ドクターカハダ コメドプッシャー(角栓とり)]

 

清潔に

いずれの方法にしても、清潔にすることは必須です。

手や道具が汚れていたら、悪化させるためにやっているようなものです。

ニキビ跡をつくらないためにも、清潔を心がけましょう。

そしてこれも肌への負担が大きいですので、やり過ぎは禁物です。

やっても2週間に1回が限度です。

 

アフターケアは万全に

そして清潔と同じくらい大切なのがアフターケアです。

保水と保湿を丁寧に行うことと、紫外線などのダメージに特に気を付けることが大切です。

お肌はダメージを受けたときには、肌を守るためにメラニンをどんどん作ります。

ですので、角栓を取ったあとのケアができていないと、毛穴が広がって見えたり、ニキビ跡としてメラニン色素が沈着してしまうという怖いことになります。

角栓を押し出すスペシャルケアをした場合は、化粧水や乳液を使ったアフターケアにも同じくらいに力を入れて下さいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、

「ずっとニキビが治らない」

というときのケア方法のお話しでした。

  • 洗顔
  • 保湿
  • 清潔

が、ケアの三本柱です。

そして生活習慣も見直しましょう。

体に内側に原因があれば、残念ながら表面を清潔にするだけではダメなのです。

今回紹介したことを確実に行っていけばニキビともサヨナラできるはずですが、それでも治らないのはおかしいです。

体の中になんらかの異常があると思います。

早めに病院に行きましょう。

 

今回は黒ニキビの対処法に踏み込みましたので、洗顔や化粧水の塗りかたについては少々内容を省いています。

「正しい洗顔方法を知っている」

というかたはOKですが、

「適当にやってた」

という方はつぎの記事を読んでもらえたらと思います。

ニキビのときの洗顔やケア、体調管理について私の知っているほぼすべてを書いています。

もみあげニキビ・こめかみニキビを治す方法!これだけやって治らないなら早く病院へ!

 

とにかく、しっかりケアするのは大変です。

継続できるよう手を抜けるところは抜きましょう。

そのために、使えるものは使うのが正しいと私は思います。

だからあなたがケアを継続できるよう、つぎの記事、読んでくださいね。

フェイスラインのニキビ専用ジェル“メルライン”をオススメする理由!

 

ライター紹介 ライター一覧

mnn

mnn

主婦。1児の母。
大学卒業後、アパレルメーカーから化粧品業界へ。地方百貨店で売上NO.1を達成後、化粧品とサプリメントの開発に携わる。結婚を機に退職、九州男児と乳児の3人家族。
趣味はバレーボールと食べ歩き。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「ずっとニキビが治らない」その原因と治し方!

  • もみあげニキビ・こめかみニキビを治す方法!これだけやって治らないなら早く病院へ!

  • 体質改善!ホルモンバランスを整えるサプリメントの選び方

  • 【背中ニキビ跡治し方】これで堂々と出せる!