1. TOP
  2. 美容
  3. 簡単にできる!入浴剤を手作りして贅沢なバスタイムを過ごそう

簡単にできる!入浴剤を手作りして贅沢なバスタイムを過ごそう

風呂 女性

いつもの市販の入浴剤にちょっと飽きたな、と思うあなた。

入浴剤を手作りしてみたいとお考えですね。

ハードルが高そうな手作り入浴剤ですが、そんなことはありません!

誰でも簡単に作ることができますよ。

今回は、ご自宅で簡単に手作りできる入浴剤レシピをご紹介します。

また、ご家庭にあるさまざまなものを使った入浴剤もお伝えしますね!

簡単!入浴剤を手作りしてお風呂でリラックスしよう

風呂 女性

まずは、ちょっとだけ手間をかける手作り入浴剤をご紹介します。

手間をかけた分、バスタイムの満足度は高くなることでしょう。

 

アロマオイルを使った手作り入浴剤でリッチな気分に

お好きな香りの精油を使って、バスタイムを贅沢に過ごしましょう!

しかし、精油を湯船に入れるだけはおすすめしません。

精油はお湯(水)に溶けにくい性質があるので、基本、「キャリアオイル」という植物オイルで希釈して使用します。

材料:お好みの精油1~5滴、キャリアオイル20㎖(スイートアーモンド、ホホバ、マカデミアナッツなど)

  1. キャリアオイルと精油をボウルなどの器の中でよく混ぜ合わせます
  2. 混ぜ合わせた入浴剤を、お湯の中に投入。お湯に混ざるようよくかき混ぜましょう

漂うアロマにうっとり、リラックス効果抜群ですね。

また、キャリアオイルは希釈だけでなく保湿剤としても使われるので、湯上がりはしっとりすべすべ肌になれそうです

 

そして、アロマオイルを使ったバスソルトも手作りできます。

バスソルトは発汗作用があるので、老廃物を外に出して、すっきりキレイになりましょう。

材料:お好みの精油1~5滴、天然塩大さじ1程度(食用だけでなく、バスソルト用にも市販されています。天然塩は粒が粗いので、すり鉢などで細かくしておくと安心です)

  1. ボウル、もしくはポリ袋などに材料を入れ、よくかき混ぜます
  2. 混ぜ合わせたバスソルトを、お湯の中に投入。お湯に混ざるようよくかき混ぜましょう

さまざまな香りのアロマオイルが販売されています。

お好きなアロマを数本揃えて、毎日香りを変えて入浴するのも素敵ですね。

 

シュワシュワの泡が魅力!バスボムを作ってみよう

バスボムは、お風呂に入れると発砲する入浴剤。

「バブ」などの名前で知られている、あの入浴剤です。

細かな泡の正体は二酸化炭素

この泡は血行を促進し、体を温めます

寒い時期におすすめですよ。

 

泡が出る不思議な入浴剤も、なんと手作りできます。

それでは、レシピをご紹介しますね。

材料(バスボム1個分): 重曹大さじ2、クエン酸大さじ1、天然塩大さじ1

  1. 材料をボウルなどの器の中で、ヘラやスプーンを使ってよくかき混ぜます
  2. 混ぜた材料をラップで包み、手で圧縮しながら丸く形作ります
  3. ラップの口をしばって、半日~1日放置。固まったらできあがりです

基本は白いバスボムですが、天然塩で色味を変えることも可能

お好きな精油を2~3滴たらして香りづけしてもOK

また、丸い形だけではなく、型抜き、シリコンカップなどで形を作ることも可能です。

あなたのお好みの色や形でお風呂タイムを楽しみましょう!

 

ハーブを使った癒しの手作り入浴剤

ハーブ

ご家庭でミントやローズマリーなどのハーブを育てている方も多いと思います。

お料理や飲み物に使う目的で育てている場合もあるでしょう。

でも、それだけではちょっともったいない。

ハーブはお風呂でも活躍してくれます

ここでは、人気のハーブ「ローズマリー」を使った入浴剤をご紹介します。

材料:ローズマリーの枝(葉付き)5㎝程度を5~6本、不織布の巾着やガーゼのハンカチ

  1. ローズマリーの枝を軽く水洗いします。虫が付いていたらきちんと取り除きましょう
  2. 不織布の巾着などに入れ、そのまま湯船に投入

乾燥ローズマリーでもOKですが、切っているときにも香りが感じられる生木がおすすめです。

ローズマリーは香りが高く、リラックスできますよ。

また、ローズマリーの「ロズマリン酸(ポリフェノールのひとつ)」には、花粉症を軽減する効果があるようです

春先にいつも辛い思いをしている方、試してみるのもいいのではないでしょうか?

 

ローズマリーのほかにも、ミントやカモミール(乾燥させたもの)、ラベンダー(乾燥させたもの)も不織布などに入れてお湯に投入すれば、立派な手作り入浴剤になりますよ。

鑑賞、お料理、そしてお風呂、ハーブはさまざまな用途があります。

とくにお風呂での入浴剤としての使用はとても簡単なので、お好みの香りのハーブを育ててみるのもおすすめですよ。

ところで、お風呂と言えばリラックスするのに最適な場所。

そんな場所に黒カビ、できていませんか?

ちょっとお掃除をさぼると、いつの間にか発生しているイヤな黒カビ。

なかなか取れなくて落ち込むこともありますよね。

リラックスしたくてもリラックスできない、などということにもなりかねません。

でも、下記の記事を読めば落ち込むことはありません!

カビとお別れできますよ。

ぜひ、参考にして下さいね。

ゴムパッキンのカビが取れない!効果的な取り方、防ぎ方を教えます!

 

キッチンにあるアイテムで入浴剤は手作りできる!

入浴剤は、キッチンにある“あんなものこんなもの”でも作れます。

いえ、手作りどころか、そのまま使うことができるものばかりなんです!

例えば、安売りで買いだめしたあの食材。

消費期限が近くて、もう捨てるしかない!・・・・・・こんなものも入浴剤に変身するかもしれませんよ。

それではご紹介していきましょう!

 

みかん風呂 

ゆず湯は多くの人に知られていますよね。

冬至にはゆず湯に浸かる習わしも伝わっています。

同じ柑橘系の「みかん」も、お風呂に入れて楽しむことができるんです。

みかんはゆずとは違って実を食べて楽しめるので、そのままお湯に入れるのはちょっともったいないですよね。

そこで、食べた後の皮を使った入浴剤をご紹介します。

材料:食べた後のみかんの皮(2~3個分)、不織布の巾着やガーゼなど

  1. みかんの皮を陰干しします
  2. 乾燥したみかんの皮を巾着に入れて、湯船に投入します

とっても簡単ですね。

みかんの皮にはビタミンCが多く含まれており、美肌作りに期待が持てるんです

また、みかんの皮に含まれる「リモネン」という成分にも注目。

こちらにはリラックス効果や血行を促進する働きがあります

リラックスしながらの美肌作り、女性には嬉しいですね。

 

食べた後のみかんの皮は、捨てないで干しておくといいですね。

干してチャック付き保存袋などに入れておくと、使いたいときにすぐ使えます。

 

黒酢風呂

一度きりの料理のために、黒酢を買ったはいいけれど、思いの外使わなかった・・・・・・こんな経験ありませんか?

キッチンで余らせて困った黒酢も、入浴剤に変身です!

材料:黒酢 50~100㎖(穀物酢でもOK)

  1. 黒酢をお湯の中に投入。黒酢は独特のにおいなので、少量から始めてみましょう

お酢に含まれるクエン酸には殺菌作用があることから、体臭軽減に期待が持てます。

お酢の匂いが体に残りやすいので、お湯に浸かった後はよくシャワーで流しましょう。

 

豆乳風呂

「牛乳風呂」は聞いたことがあるかもしれませんが、豆乳も入浴剤として使えます。

材料:コップ1杯程度(100~200㎖)の無調整豆乳

  1. 無調整豆乳を湯船に投入します

豆乳に含まれる「サポニン」は、お肌をしっとり保湿する効果が期待できます。

また、豆乳と言えば、忘れてはならないのが「イソフラボン」です。

こちらは、発毛を抑える働きがあります。

 

注意点は、調製豆乳は使わないということ。

無調整豆乳と違い、砂糖などが含まれています。

入浴剤としては適していないので、ここは純粋な大豆パワーを感じられる無調整豆乳を使いましょう。

日本酒風呂

日本酒も、入浴剤になるんです。

血行が良くなり、冷えの解消にも役立ちます。

材料:日本酒(純米酒)50~100㎖

  1. 日本酒を湯船に投入します

お酒はお米から作られていますよね。

米麹には美肌をつくる働きがあり、保湿効果にも優れています。

血行を良くし、発汗が促され、代謝もアップ。

そして、すべすべのお肌に。

なんとも嬉しい入浴剤です。

 

しかし、日本酒はアルコールですので、お子さんには使用しないほうがいいですよね。

日本酒風呂に入りたいときは、お子さんがお風呂に入った後にしましょう。

 

赤ワイン風呂

ワイン

赤ワイン、冷蔵庫の肥やしになっていませんか?

味の落ちたワインも、立派な入浴剤になります。

かつて世界三大美女のひとりのクレオパトラもワインのお風呂に入ったとか。

格調高そうな雰囲気ですが、手順は簡単です。

材料:赤ワインコップ1杯(200㎖程度)

  1. 赤ワインを湯船に投入しましょう

温泉施設でも人気の高いワイン風呂。

抗酸化作用のあるポリフェノールが、美肌に導いてくれます。

そして、ワインの香りはリッチな気分に浸らせてくれるでしょう。

気分はクレオパトラです。

 

こちらも日本酒同様にアルコールですので、お子さんのご使用は控えましょう。

ワインは大人が楽しむ物ですね。

 

紅茶風呂

上品な紅茶も、お風呂の入浴剤として使えます。

材料:紅茶のティーバッグ2~3個(使用済みでもOK)、茶葉から抽出した紅茶ならばコップ1杯(150~200㎖程度)

  1. ティーバッグ、または抽出した紅茶を湯船に投入しましょう

紅茶のポリフェノールには抗菌作用があり、体臭を予防する働きがあります。

最近耳にするようになった「ミドル脂臭」も、紅茶風呂で予防することが可能というデータもあるんです。

ミドル脂臭は、特定の皮膚常在菌が作り出すジアセチルという成分が原因だと言われています。「紅茶と暮らし研究所」が行った実験では、紅茶にはミドル脂臭生産菌に対する抗菌効果がある!という結果が得られました KIRIN「紅茶と暮らし研究所」

体臭が気になるという方、とくに中年に差しかかる男性の方、試してみる価値ありですよ!

優雅な紅茶風呂、おすすめです。

 

コーヒー風呂

有名な温泉施設にもある「コーヒー風呂」。

コーヒーの香りが大好きな人に特におすすめです。

大好きなコーヒー、飲むだけでなくどっぷり浸かってしまいましょう。

材料:1~2杯分の抽出したコーヒー豆、または抽出したコーヒー1杯(150~200㎖)、不織布などの巾着やガーゼなど

  1. 巾着に出がらしの挽いたコーヒー豆を入れて、そのまま湯船に投入。もしくは、抽出したコーヒーを投入

コーヒーのアロマで癒されつつ、カフェイン効果で発汗が促され、代謝も良くなりそうです。

 

手作り入浴剤を使うときの3つの注意点

手軽に作れる入浴剤ですが、いくつか注意することがあります。

 

1)避けた方が良い方もいる

お肌が敏感な方、食物アレルギーがある方、高血圧症の方や妊婦の方は避けたほうが安全です。

「大豆アレルギー」がある方は、「豆乳風呂」は避けましょう。

また、アロマオイルには妊婦さんには使わないほうがいいものもあります。

妊娠中は肌が敏感になるということもあるので、入浴剤は使わないほうが安心です。

皮膚が丈夫で自信があるという方も、万が一皮膚に違和感を覚えたら、すぐに入浴をやめてシャワーなどで体をよく洗いましょう。

 

2)お湯は早めに捨てる

手作りの入浴剤を使ったお風呂のお湯は、使用後はその日のうちに捨てましょう

明日も入ろうかな~などと思って、そのままとっておくのはNGです。

特に豆乳などは腐りやすいので、すぐに捨てるのがおすすめです。

 

3)バスタブや給湯器が傷むかも

食物を使用すると風呂釜を傷める原因になりかねません

ワインや紅茶などは色が残る可能性もあります

手作り入浴剤のバスタイムを楽しんだ後は、念入りに掃除しましょう。

 

また、追い炊き機能付きの給湯器ですと、入浴剤は給湯器の故障の元です。

例えばエコキュートのフルオートタイプであれば、メーカーが安全確認できて推奨しているものは、

  • 花王の“バブ”
  • バスクリンの“バスクリン”
  • バスクリンの“きき湯”

のみです。

ほかの入浴剤は使わないようメーカーサイトに書いてあります。

参考:ご質問 1 – 住まいの設備と建材 – パナソニック

まとめ

いかがでしたか?

今回、「入浴剤を手作りしよう!」をテーマにお話ししてきました。

バスボム、アロマ入浴剤、一見手作りは難しそうなイメージのするものも、意外と簡単だと思いませんか?

ぜひ、チャレンジしてみてください。

手間をかけた分、お風呂での時間がより贅沢なものになりますよ。

 

また、ご家庭にあるさまざまアイテムが、手作り入浴剤に変身することもわかりましたね。

とても手軽に使える上に美肌効果もあり。

そしてキッチンの在庫処分も一緒にできる、嬉しい限りですよね。

 

そして、手作りした入浴剤を使ったときの注意点もお忘れなく。

安全に、素敵なバスタイムを過ごしたいですよね。

 

ちなみに、記事中の材料に「不織布の巾着、ガーゼなど」とありますが、こちらはストッキングでもOKです。

使いやすそうなものを選んでください。

 

あなただけの手作り入浴剤で、ぜひ体も心も、ほっこり温まってくださいね。

 

合わせて読みたい美容に関するお役立ち記事

あごのニキビがかゆい!かゆみを和らげるためにできることは?

メルラインならニキビケアだけでなく美白や保湿の手間も省けてしっとりモチモチ肌に!仕事や家事が忙しくても続けやすい!

肌荒れには牛肉!?原因見極め食事改善で肌荒れ改善!

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

風呂 女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

つるまる

つるまる

主婦・2児の母です。

塾事務員を経て結婚、その後退職。現在、家族4人で生活中。

趣味は音楽鑑賞とゲームです。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 簡単にできる!入浴剤を手作りして贅沢なバスタイムを過ごそう

  • サンタクロースに手紙を出したい!お返事が来るかもしれない住所は?

  • サンタさんからのクリスマスプレゼントは、いつまで続ける?

  • ゴムパッキンのカビが取れない!効果的な取り方、防ぎ方を教えます!