1. TOP
  2. 美容
  3. 妊娠線は自然に完治しないから予防すべき!おすすめケアクリーム紹介!

妊娠線は自然に完治しないから予防すべき!おすすめケアクリーム紹介!

美容
 

「こんなクリームがあるなら、もっと早く知りたかった」

私の友人は、そう語りました。

 

その友人は、今は2人の子供がいて、1人目の子を妊娠しているときに妊娠線ができていました。

旦那さんには「うわぁ…」という目で見られ、ショックを受けたそうです。

ほどなく高額の美容整形手術を数回受け、「ほとんどわからないくらい薄くなった」と言っていました。

 

そしてその友人が2人目の子を妊娠したときに、ある妊娠線ケアクリームを知って、

「妊娠線を見たときの、旦那のあの顔が忘れられなくて」と、わらにもすがる思いで試したところ…

妊娠線はできなかったんです。

「こんなのがあるなら、もっと早く知りたかった」と言っていました。

 

ところで実は、私にも子どもがいます。

友人からその話を聞いていたので、妊娠がわかってすぐにそのクリームを使いはじめました。

もちろん、妊娠線はできていません

女性のお腹

 

では、私と友人が使ったクリームを紹介します。

それは、ベルタマザークリームです。

妊娠線ケアには、ベルタマザークリーム

出産経験者が開発スタッフに加わって作られたクリームであり、妊娠中の「こうだったらいいのに」が見事に実現されています。

妊娠線のケアができることはもちろん、

  • 肌にやさしいものがいい
  • つわりの時期でも癒されるような香りがいい
  • ナチュラルな素材がいい

と思いませんか?

ベルタマザークリームは、そういった思いも叶えてくれます。

→公式サイトでベルタマザークリームをチェック!

 

ところで、なぜ妊娠線ができるか知っていますか?

どうして妊娠線ができるの?

原因は大きく2つあります。

  • ステロイドホルモンの影響
  • 皮ふの伸び

です。

 

1)ステロイドホルモンの影響

ここはちょっと専門的な話になるのでわかりづらいかもしれません。

ザックリ言うと、「妊娠中の皮フは、歳をとったような状態になって、裂けやすくなる」ということです。

 

妊娠中はグルココルチロイドの一種であるコルチゾールの分泌が増えていきます。

血中コルチゾール値は妊娠の進行に伴い上昇し, 妊娠末期には非妊時の3~4倍http://www.jsog.or.jp/PDF/59/5912-691.pdf

そして、グルココルチロイドの分泌が増えて起きる皮ふの変化は、老化と似ているという研究結果があります。

皮膚の生理的老化はグルココルチコイド過剰状態による皮膚変化と類似するhttp://www.cosmetology.or.jp/research_report/archives/2014/fullVersion/Cosmetology%20Vol22%202014%20p123-129%20Terao_M.pdf

つまり、妊娠中の皮ふは、老化していく状態と同じということが言えるんです。

 

老化したらどうなるでしょうか?

ハリ・ツヤがなくなり、伸びも悪くなり、皮ふは裂けやすい状態になります。

 

裂けやすくなるもうひとつの理由は…

2)皮ふの伸び

妊娠中は体重が増加し、お腹はもちろん、胸もお尻も脚も大きくなっていき、その周囲の皮フが引っ張られます。

ゆっくり引っ張られるなら皮フの伸びが追いつきますので裂けませんが、妊娠中はあなたが大きくなるだけでなく、赤ちゃんも大きくなりますので、とくにお腹周りは「ゆっくり」の範囲を超えがちです。

 

一番表にある皮ふが裂けるだけならただのヒビ割れくらいで、時間が経てば治るものですが、

ちょっと奥にある皮ふや、皮ふの下の組織の一部が裂けると妊娠線となり、時間が経っても跡が残り続けます。

 

“時間が経っても跡が残り続ける”

それを「誇らしい」と思えるママは、予防なんてしなくていいかと思います。

ただ、旦那さんやあなたの周りの人も同じように見てくれるかはわかりません。

実際、妊娠線ができた友人も最初は、「旦那と子供が残した跡」とちょっと誇らしい気分だったそうですが、旦那さんの反応は「うわぁ…」です。

 

妊娠線を人に見られたときのそういう反応が耐えられないなら、そしてあなた自身が「線が残り続けるなんてイヤ」「キレイなままでいたい」と思われるのでしたら、予防が大事です。

では、妊娠線を予防するためには、どうしたら良いのでしょうか?

妊娠線を予防するために

急激に引っ張られて裂けることが原因のひとつですので、急激に引っ張られることがなければ、妊娠線はできにくくなります。

では、急激に引っ張られなくするために、何ができますか?

安静と体重コントロール

安静に過ごすことはもちろん、体重増加を緩やかにすることですよね。

 

しかし自分の体重増加を緩やかにしたところで、赤ちゃんは成長し、お腹周りは大きくなります。

食事に気を付け、適度に運動して体重をコントロールしていても、できるときはできるのです。

実際、最初に紹介した友人は、体重管理をしっかりやっていたそうです。

それでも妊娠線ができちゃったんです。

 

だから、ほかの対策も合わせて行うべきなのです。

皮フを柔軟にする

妊娠中はホルモンの影響で皮フの柔軟性は失われがちで、伸びについてこれず、裂けて、妊娠線ができるのです。

ここで、「皮フの柔軟性を良くするためにできることはないの?」と思われませんか?

あるんです。

ホルモンの影響で柔軟性が失われつつあっても、ケアできます。

 

皮フの柔軟性を良くするために大事なのは、水分です。

例えば冬場、肌が乾燥してカサカサになり、ヒビ割れ、ときには血が出ますよね。

それが肌の奥で起きたらどうなるでしょう?

そう、それが妊娠線です。

 

表面のひび割れのケアでしたら、ハンドクリームで十分ですよね。

しかし妊娠線は肌の表面で起きることではありません。

肌の奥の水分保持が大事になってきます。

 

では、肌の奥の水分を保持するために、何ができるでしょうか?

そう、妊娠線をケアするためのクリーム・ローション・オイルを塗ることです。

そういったケア用品がたくさんある中で、私はベルタマザークリームをおすすめします。

おすすめする理由としては、友人と私の経験はもちろんありますし、妊娠中にうれしい配慮がなされているからです。

ベルタマザークリームの、うれしい配慮

「こうだったらいいのに」が詰め込まれていると言いました。

具体的な成分の話をしますと…

角質層をしっかり潤す、シラノール誘導体

肌を整え保湿してくれる、オーガニック原料5種類

肌を明るくしてくれる、アミノ酸・ビタミン5種

“めぐり”をサポートする、コエンザイムQ10

高い還元力でもちもちに、ヘスペリジン

肌の引き締めに、葉酸

さらに、ベルタならではの高品質の美容成分として、

ヒアルロン酸の約2倍の保湿力を持つ、スーパーヒアルロン酸

約250倍のアミノ酸、プラセンタ

保水力が高く肌になじみやすい、コラーゲン

といったものが含まれています。

もちろんデリケートな時期だから、合成香料・タール系色素・パラベン・鉱物油・石油系界面活性剤・シリコン・エタノール・紫外線吸収剤といった肌に刺激を与える添加物は無添加!

だからしっかり保湿できて、妊娠中の繊細な肌を守れるのです。

 

さらにさらに、クリーム状であり、ローションでもオイルでもないことにも理由があるんです!

ローションだと水分が多く、伸びませんし、すぐに蒸発してしまって保湿力が弱いです。

オイルなら伸びますが、今度はベタベタしたり、しばらくするとオイルが酸化して匂いが出てきます。

妊娠中、とくにつわりがあるときにニオイが出るオイルはつらいはず。

 

そんな細やかなところまで配慮して作られているのが、ベルタマザークリームなのです。

→公式サイトでベルタマザークリームをチェック!

 

「いや、でも、そんなにいいものなら、お高いんでしょう?」と思われますよね。

ベルタマザークリームのお値段は?

先にね、友人が受けた妊娠線の手術がいくらだったかという話をさせてください。

ちょっと調べてみたらわかることですが、妊娠線を美容整形で治そうとすると保険は使えず、1回の手術で10,000円を超えることがザラです。

しかも妊娠線ができている範囲次第では、何回も通うことになります。

友人に直接金額を聞くのは気の毒なので聞きませんでしたが、「もう2回行った。つぎで3回目。でもまだ…」とぼやいていたことを覚えています。

どうやら友人は手術に4万円以上、1回の金額次第では10万円以上使ったようです。

 

さてベルタマザークリームのお値段、公式サイトからだと、通常お試し価格は、1個6,980円(税込)、送料は無料です。

公式サイトで買うくらいなら、Amazonで買ったほうが安いです。

しかししかし、公式サイトでAmazonよりもお得に買う方法があるんです。

それが、初回500円(送料無料)の定期便です!

 

「えっ、そんなにお安くなるんですか!?」と思いますよね。

こんなに安いのは初回だけで、2回目以降は4,980円(税込・送料無料)となります。

いや、それでもAmazonで買うよりお得ですよね。

ただ定期便、1点気をつけたいことがあります。

それは…

気をつけたいこと?

定期便の申し込みは、6回は継続することが前提なんです。

6回届いたあとは解約自由ですが、解約したいときはつぎのお届け日の10日前までに電話かメールで連絡する必要があります。

 

「6回分、多くないかな…」と思われますよね。

でもね、6回分って言っても、妊娠初期から使ってたら足りませんよ。

1ヶ月に1本ペースで使いますし、いつ妊娠線ができるかわかりませんし、出産までは継続して使い続けるべきです。

 

もし妊娠中期以降に使い始めて出産以後にクリームが余ったとしても、産後のお腹周りのケアにも使えますし、

妊娠中の敏感な肌でも使えるよう配慮されていますから、赤ちゃんの保湿クリームとしても使えます

 

定期便に申し込んで6回分で終わらせるとして合計25,440円で、手術ほどお金かかりませんし、通う時間も要りません。

妊娠初期から定期便を使って、出産まで使うとして10本、合計45,360円、これはけっこうな額になりますが、手術に通う必要はなく、広い範囲に妊娠線ができてから「どうしよう…」と思い悩むより心が楽です。

1日あたりにしてみれば、たったの150円程度です。

 

ということで、ベルタマザークリームの定期便がイチ押しです。

何回送ってもらっても送料無料ですし。

 

そして、繰り返しますが、妊娠線は、いつできるかわかりません。

「初期だからまだ大丈夫」と思っていたら、気づいたときにはできているものです。

対策はお早めに。

→公式サイトでベルタマザークリームをチェック!

 

それでは、あなたがベルタマザークリームを手にし、妊娠線に悩まされないで済むよう祈りつつ、この記事を終わります。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました!

 

ベルタマザークリーム

ライター紹介 ライター一覧

ひつじ

ひつじ

“ダイエットはマインドセット次第”という究極の結論にたどり着いた人。

ダイエット記事では、過去のバカだった自分に向けて書いているものが多く、口が悪くなりがちです。

「ちゃんとやる人は痩せます。保証します」

この人が書いた記事  記事一覧

  • ブラックチェリースムージーダイエットの解約は、いつ、どうする?

  • TOKYOスイーツダイエットは売り方がわりとまともだけど解約について調べるとアラが出る!

  • めっちゃたっぷりフルーツ青汁は解約ルールに注意!悪い口コミから学べ!

  • グリーンクレンズカクテルの口コミにだまされるな!解約ルールが落とし穴!