1. TOP
  2. 愛犬を連れて海外旅行をするときの費用はどれくらい?

愛犬を連れて海外旅行をするときの費用はどれくらい?

ペット
 
お金 電卓

「旅をしよう!」

と思い立ったとき、旅行の費用をまず計算する方もおられるはず。

愛犬を連れて海外旅行をするのであれば、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

そこで今回は、飛行機に乗せる費用をはじめ、旅の行き先によってかかる費用をご紹介したいと思います。

sponsored links

 

愛犬を連れて海外旅行をするときにかかる費用は?

費用は利用する航空会社や旅行先によって異なりますので、およその費用をお伝えしていきます。

これを知っておくなら旅費のシミュレーションをする助けになるでしょう。

 

愛犬の海外旅行の事前準備にかかる費用は?

愛犬を連れて海外旅行をする場合、事前の準備にかかる費用も計算する必要があるでしょう。

愛犬のための海外渡航準備を自力でする方もおられますし、エージェントにお任せする方もおられるでしょう。

エージェントにお願いするなら、検疫手続きに必要な証明証の作成や、現地の動物病院紹介まですべてお願いすることができる場合があります。

これらの手続きは慣れるまではなかなか大変でして、エージェントを通すなら料金として5万円~10万円かかることになります。

詳しい手続きを知りたい方は、つぎの記事が参考になるでしょう。

愛犬を連れて海外旅行に行きたい!その手続き方法とは?

 

愛犬を国際線の飛行機に乗せるといくらかかるの?

飛行機

それぞれの航空会社によって、利用条件や料金が異なります。

そのため、ペットを飛行機に乗せるといくら費用がかかるのかをはっきり知りたいのであれば、自分の利用する航空会社のサイトを見るか問い合わせる必要があるでしょう。

ANAの料金のみ、具体例としてあとで紹介しますね。

日本発着のある日系航空会社のサイトへのリンクを以下にまとめておきます。

…といっても、愛犬を連れて海外旅行に行くときの手続きを紹介した記事でお話ししましたように、ペットを乗せてもらえるのは3社のみです。

JAL

ANA

バニラエア

 

ANAなら

ANAの国際線を利用する場合についてご紹介したいと思います。

「飛行機に乗るんだからペットにも搭乗チケットがいるのかな?」

と、かつての筆者と同様の疑問を抱かれる方もおられるかもしれません。

 

しかしながら、ANAを利用する場合にはペットは貨物扱いになります。

そのため、搭乗チケットを購入するのではなく、下記のエリアごとに定められたペット料金を支払うことになります。

  • エリア1 北米・中南米・ハワイ
  • エリア2 ヨーロッパ・アフリカ・中東
  • エリア3 アジア、オセアニア

ちなみに、日本からアメリカのフライトでは40,000円ほど、そして日本からタイへのフライトでは25,000円のペット料金が発生します。

飛行機1機につき、ペット預かりの受付制限数があるため、旅行が決まったら早めに航空会社に連絡をするようにしましょう。

 

エリア別!愛犬を連れて海外旅行に行く際にかかる費用例

ここからはさらに細かく、エリア別に見ていきましょう。

 

アジア圏なら

愛犬と一緒にアジア圏に旅行に行く場合には、飼い主の飛行機代やペットの飛行機代、現地のホテル代や食事代も含めて、20万円以上あれば4泊5日からの海外旅行を楽しむことができるでしょう。

コストを抑えて旅をしたい方なら、ふだんはLCCを選ぶことでしょう。

しかし残念ながらLCCの多くは、ペットと一緒に飛行機に乗ることができません。(バニラエアのみ条件付きで搭乗可)

そのため、愛犬を連れて海外旅行するときの費用を抑えるポイントは、エアチケット選びではなく、ホテル選びと食事代にかかってくることになります。

 

旅行日数やシーズン、利用航空会社にもよりますが、飛行機代として用意したい額は、シンガポール航空やタイ航空の直行便利用の往復チケットで、およそ10万円~12万円ほどかかるでしょう。

それに加えて、ペット料金として往復5万円を加算すると、飼い主と愛犬の飛行機代だけで往復15万円~17万円ほどかかってくることになります。

この費用さえまかなえてしまえば、ホテル代と食事代は安く抑えることができるのが、アジア圏への旅の醍醐味なのではないでしょうか。

 

ニューヨークに行くなら

自由の女神

1週間ほどの旅程でニューヨークを訪れる場合、ANAを利用するなら、人間の飛行機代往復分だけで12万円以上かかることになります。

それプラス、ペット料金往復8万円を支払うことになりますから、飛行機代金として最低でも20万円は用意しておく必要があるでしょう。

ニューヨークでは、ペットと泊まることができるホテルも、ホテルグレードや立地によって1泊4,000円~40,000円と幅広い価格帯から選択することができます。

そのためニューヨークへ愛犬を連れて海外旅行する費用として、少なくとも30万円以上は用意するようにしたいですね。

sponsored links

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、愛犬を連れて海外旅行をするときにかかる費用についてご紹介しました。

ホテル代や食事代、現地でのアクティビティ代に比べて、飛行機代が一番高いということに気づかれたのではないでしょうか。

航空会社のサイトをこまめにチェックしていると、プロモーション価格として安いチケットが売りに出されることもあります。

そんなチケットをゲットできれば、少しは旅費を抑えて愛犬との海外旅行を楽しめるかもしれません。

先ほど紹介しました3社のサイトへのリンクを再びのせておきますね。

JAL

ANA

バニラエア

 

人間だけの単身旅行より、愛犬を連れて海外旅行に行くほうがもちろん費用がかかります。

ですが、愛犬と一緒に旅にでれば、きっと忘れられない旅の思い出ができるはずですよ。

良い旅を!

 

合わせて読みたい愛犬との旅行記事

これでバッチリ!愛犬を連れて海外旅行に行くときの持ち物リスト

愛犬との海外トリップ!海外旅行のトラブルを回避する方法は?

愛犬を連れて海外旅行に行くならおすすめの4つの宿泊先-ハワイ編

愛犬を連れて海外旅行に行きたい!その手続き方法とは?

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

お金 電卓

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ゆうき

ゆうき

通訳と翻訳を生業としています。
アジアにある某大学を卒業後、南国を行ったり来たりの生活をしています。
趣味はアイランドホッピングとシュノーケリングです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 犬がリードを嫌がるときの対策5選!なぜリードを嫌がるの?

  • 犬を飼う前に知りたい!犬の飼い方で絶対に外せないポイント

  • マレーシアへの海外旅行でトラブル回避すべき4つのポイント

  • 犬のあくびが多いのは眠いから?もしかしてあの病気のサインかも?