1. TOP
  2. 【中絶手術】受ける前に知ってほしい、術後の後遺症とは?

【中絶手術】受ける前に知ってほしい、術後の後遺症とは?

健康
 
壊れたハート

日本国内で人工中絶を行った人は、年間18万人(平成26年度調べ)とされています。

その18万人すべての人に当てはまるわけではありませんが、中絶手術後、後遺症に悩んでいる女性がいるということをご存知ですか?

いろいろな理由があって中絶手術をするかと思います。ですが、中絶手術を決断する前に、その後起こりうる後遺症についてぜひ知ってほしいと思います。

 

sponsored links

中絶手術後に起こりうる【精神的】な後遺症

中絶を経験した人の約20%が、PTSD(心的外傷後ストレス)に苦しんでいるといわれています。

ちなみに、中絶が絡んだ心的外傷ストレスは「中絶後症候群(PAS)」と呼ばれます。このPASは3つの症状に分けられます。

 

過剰反応

ストレス

  • ちょっとしたことでも驚く
  • 短気になる
  • 突然苦しくなってしまう
  • 急に怒るなど、攻撃的な行動をとる
  • 集中できない
  • 過剰に警戒するようになる
  • 不眠になる
  • 手術と似たような状況下で、脈拍が上昇し汗をかく

などがあります。

 

侵害行為

  • 中絶したこと、中絶した子供のことを何度も考える
  • 中絶手術のフラッシュバック
  • 中絶手術や子どもの夢を見る
  • 中絶した日やその子の出産予定日になるとうつ状態になる

などがあります。

 

抑圧

  • 中絶したということを思い出さないように、感情を麻痺させる
  • 行動パターンを変える(わざと手術をした病院の前は通らない等)
  • 子どもを避ける
  • 中絶に関係した人たちとの交流を断つ
  • 他者からの愛情や優しさも感じないようになる
  • 中絶手術前に楽しくしていたことも楽しくなくなる
  • 薬(麻薬、覚せい剤)やアルコールに依存する
  • 自殺願望や自殺行為

などがあります。

 

sponsored links

中絶手術後に起こりうる【身体的】な後遺症

不妊

中絶手術では、子宮の中の内容物(胎児または胎児成分)を掻き出すときに子宮の筋肉の内側部分を少し削ることとなります。

この中絶手術を繰り返すことにより子宮内部が荒れてしまい、癒着をおこすことがあります(アッシャーマン症候群)。これが不妊の原因になると言われています。

 

子宮外妊娠

中絶手術で感染症にかかると、その後の妊娠が子宮外妊娠になる確率が上がります。感染症にかかっていない人に比べ5~8倍なりやすいと言われています。

 

子宮頚部損傷

病院

人口中絶手術は、自然の摂理に従うことなく、器具を使って子宮頚部を無理やり押し広げて手術を行います。

そのためその過程で子宮頚部に損傷を伴うことがあります。特にまだ体が未発達である18歳未満の方がダメージが大きいようです。

子宮頚部が損傷している状態で妊娠をすると、胎児や子宮の重さに耐えることができずに、切迫早産、流産、未熟児というような危険度の高い出産となります。

このようなことは中絶経験のある75%もの女性に可能性があります。

 

後遺症を少しでも避ける方法

病院をきちんと選ぶ

近くの病院だから、費用が安いからなどを基準にして考えると、取り返しのつかないことになりかねません。

中絶手術は先の細い器具なども使います。実際その器具で、手術中に子宮に穴があいてしまうということもあります。

病院を選ぶ際には、まずカウンセリングをしっかりと受けて、自分自身で信用できると思った病院で手術を受けるようにしましょう。

 

術後のアフターケアをしっかりする

中絶手術を終えた後は定期的に検診をするようにしてください。

また、精神的な後遺症に悩まされる場合は、カウンセリングを受けたり、心療内科などを受診したりして、心の傷をいやしていきましょう。急いで立ち直ろうとすると、悪化することも考えられます。ゆっくりと、少しずつ落ち着きを取り戻していきましょう。

普段の生活ではできるだけリラックスをし、ストレスを減らして過ごすことも大切です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

中絶手術は、精神的にも肉体的にも後遺症を残すことがあります。そして、その後遺症は女性である自分自身しか苦しむことはありません。

もちろん人により後遺症がない方もいらっしゃいます。ですが、このような後遺症に悩んでいる方は本当に多いのが現状です。中絶手術を考える際は、その後のことも考慮して判断なさってくださいね。

また、中絶以外の選択肢がない方も多くいるはずです。後遺症の存在を知っていれば、術後の後遺症への戸惑いも軽減されることもあるでしょう。お話ししてきたように、カウンセリングや専門の医療を受けることもできます。後遺症から立ち直ることは可能です。その点も、ぜひ忘れないでくださいね。

 

合わせて読みたい女性の健康に関する記事

どうしても産めない!そんなときの堕胎費用はどれくらい?

中絶手術の同意書とはどんなもの?同意書について詳しく解説します

もしかして想像妊娠?想像妊娠の5つの特徴と原因

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

壊れたハート

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

lotta

lotta

主婦・2児の母です。
結婚前までは子供服店店長を務めていました。結婚を機に退職、現在は2児の母を満喫中です。
趣味:ショッピング、カラオケ

この人が書いた記事  記事一覧

  • 仕事中のつわりの正しい乗り切り方。休みたいなら休もう!

  • 「早く妊娠したい!」と思ったらすぐやったほうがいいこと

  • 【妊娠の疑問解決】生理直後に妊娠が発覚する可能性ってある?

  • 基礎体温のグラフ「妊娠したい」「妊娠しているか」の参考に!