1. TOP
  2. 小学校の家庭訪問の気になるマナーをチェック!玄関ではどうする?

小学校の家庭訪問の気になるマナーをチェック!玄関ではどうする?

家

新しい学年になると、担任の先生が各家庭をまわる「家庭訪問」が行われますね。

最近増えてきたのは「玄関先での家庭訪問」です。

「玄関先でもお茶をお出しした方がいい?」「その時に子どもは同席した方がいい?」など気になることがありますね。

では、どのようにおもてなしをしたら良いのでしょう?

ここでは「家庭訪問の玄関先でのマナー」をお話してきます。

 

sponsored links


玄関でのマナーは?

ここでは玄関先のマナーについて5点ご紹介します。

 

(1)立ったままでいいの?

玄関先で立ったままか、座った方がいいのか頭を悩ませますよね。マナーとしては「座って会話をする」のが良いとされています。予め玄関横に座布団を用意していると、スムーズですね。

座っていただく位置は、先生から見て左側、正面から見ると右側にある位置に座っていただきましょう。

*「立ち話で良いですよ」と言われた際には、お言葉に甘えましょう。その場合には自分も立って話をします。

*玄関先を広くしましょう。出している靴はしまってお迎えしましょう。

 

(2)玄関が手狭な場合は?

玄関が狭いなど座ってお話しするスペースが無い場合は、立ったままで良いでしょう。

先生もあまり気にしていないと思います。その時には「玄関が手狭ですみません。立ったままで失礼させていただきます」など声掛けしましょう。

真正面に立つと威圧感を持たれる時があります。そう感じた時には、少し斜めの位置に立つのが良いですね。

 

(3)玄関先でのお茶・お茶菓子は?

お茶 お菓子

大体滞在は15分ぐらいです。お茶・お茶菓子は出さなくても良いでしょう。

「何軒もまわられてのどが渇いていらっしゃるのでは?」などおもてなしの気持ちがある方もいらっしゃいますよね。

お帰りの際、「移動中にどうぞ」とペットボトルをお渡ししても良いですね。

筆者は移動の邪魔にならないように、小さめのペットボトルのお茶(350ml)をお渡ししたことがあります。

 

(4)子どもは同席した方がいい?

子供 女の子

先生をお迎えする時は挨拶をした方がいいですね。その後は、同席しても・しなくても良いでしょう。

同席していると、普段の親子の様子を先生は感じることが出来ます。

同席させない場合は、先生と込み入った話や先生にお願いしたい事柄を話すときには都合が良いでしょう。

 

(5)保護者の服装は?

あらたまったスーツでなくても良いでしょう。

ブラウスにスカート・パンツなど、学校の授業参観へ行くときの服装で大丈夫です。

 

sponsored links


家庭訪問とは

  • 生徒の道順(通学路)・安全チェックをする。(けがをしたなどの理由で家へ送ったり、何かあった場合のために)
  • 保護者の方との面識を持つ
  • 家庭での様子を知る

これらの事が先生側としてはあります。

*筆者の学校は、高学年になると家庭訪問は希望者のみでした。

保護者の時間の都合がつかないなどで希望しない場合は、先生が各生徒の自宅をまわり自宅・通学路の確認だけをしていました。

 

話すことリストを作りましょう

リスト

短時間でも有意義な時間になるように、事前に「話すことリスト」をあげておきましょう。

  • 子どもの様子(例えば授業態度・忘れ物がないか)
  • 先生から見た子こどもの良いところ・直した方が良いところ
  • お友達との関係
  • クラスの雰囲気(授業中はもちろん、休み時間の使い方)
  • 先生にお願いしたい事柄・伺いたい点

*一年生でしたら、給食の様子を聞いても良いでしょう。

 

だんだん増えている玄関での家庭訪問

リビングにお迎えする場合は、部屋を片付けて、お茶菓子を用意して…と親としては対応が難しいですよね。

しかも先生は、各家庭15分前後しか時間が取れないのが現状です。

お部屋へ上がらずに玄関先でのお話しする理由としては、「少しでもお話の時間をながくしたい」、「玄関から先はプライベートな区間だから」があります。

予め学校から事前に「家庭訪問は玄関先で」とのお知らせがあった場合は、気にせずに玄関でお迎えしましょう

もしこちらから玄関先でのお話をお願いしたい場合は、「申し訳ないですが、こちらでよろしいでしょうか?」と伺ってみてください。

*学校からのお知らせが無い場合は、「どうぞ中へお入りください」とお声掛けしましょう。

また「玄関先で」とお知らせがあった場合でも、「お子さんのお部屋・勉強をしているお部屋を拝見させてください」と言われるケースもあるようです。

子ども部屋や勉強しているお部屋は、少し片付けておいても良いでしょう。

 

まとめ

家庭訪問は、先生との貴重なコミュニケーションの時間です。子どもは家と学校とでは違う様子のこともあります。

子どもの違う一面を知ることが出来るのは、ありがたいですね。折角の先生と顔見知りになるチャンスです。

気負わずに先生をお迎えしましょう。

 

合わせて読みたい学校記事

【ホワイトデーのお返し】子供向けで人気のプレゼントは?

【小学校入学祝い】甥・姪に、おじ・おばから贈る相場とプレゼント!

・【卒業式のコサージュ】母親はどう選ぶべき?これで悩み解消!

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

家

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ひつじ

ひつじ

健康情報とマナーに一家言あるライター

ハンドルネームはひつじ年生まれのため

この人が書いた記事  記事一覧

  • ムートンブーツの手入れの方法はこちら!シーズンオフ&日ごろのケア

  • あなたの部屋をレイアウトで素敵に変えよう!8畳の場合は?

  • 【入学祝い】贈る相手・贈り主別の相場まとめ!

  • 【入学祝い】お返しの「のし」の書き方!お返しだから「御礼」?