1. TOP
  2. 【妊娠19週目】赤ちゃんとお母さんのお腹の様子・気をつけたいこと

【妊娠19週目】赤ちゃんとお母さんのお腹の様子・気をつけたいこと

子ども
 
妊娠しているお腹

 妊娠19週目になりました。19週目は、5カ月の最終週になります。赤ちゃんの成長、ご自身の体の変化を、先週よりもさらに感じているころではないでしょうか?

 さて、今回は、「妊娠19週目・安定期に入った赤ちゃんとお母さんのお腹の様子、気をつけること」についてお話ししていこうと思います。

この時期に気をつけたいことなどについて詳しくお話ししますね。

sponsored links

 

赤ちゃんの様子

  • 児頭大横径(BPD):39mm~47mm
  • 腹部周囲長(AC):12mm~15mm
  • 大腿骨長(FL):24mm~32mm
  • 胎毛が全身に生え、まゆ毛、髪の毛も生えてきます
  • 皮下脂肪がつくので、ふっくらしてきます
  • 腎臓、膀胱が完成し始めます
  • 赤ちゃんが女の子であれば、子宮、卵管が完成します

 妊娠19週目の赤ちゃんは、身長が160mm~200mm、体重が200g~280g程度になります。

 顔が、前週よりもさらにふっくらしてきました。このころからまゆ毛や髪の毛が生えてくるので、より人らしい形になってきましたね。

 女の子の生殖器は、このころにすでに完成していることには驚かされますね!

 また、赤ちゃんには妊娠中期になると全身に胎毛が生えてきます。

 このころの赤ちゃんの皮膚はとても薄く、胎毛は赤ちゃんを羊水の刺激から守ってくれる役割をしているのです。

 少し先の話しになりますが、妊娠後期になると皮膚が完成に近づくので、胎毛は抜け落ちます。

 

お母さんの様子

妊婦さん

お腹の様子

  • 子宮の大きさは大人の頭くらいの大きさです
  • 子宮底長は18㎝~23㎝程度です
  • 全体的にふっくらしてきます

 胎動も感じられるようになった妊婦さんも増えてきたかと思います。

 でも、感じないからと言って心配はいりません。赤ちゃんの大きさや動きは個性です。

 検診で医師や助産師に特に注意するように言われていないのであれば、リラックスして胎動を感じる日を楽しみにしていましょう。

 また、だんだんと大きくなるお腹、それから張ってくる胸に窮屈さを感じるようであれば、マタニティ用の服を着用するようにしましょう。

 このころの妊婦さんは疲れやすかったり、腰痛にかかったりしますので、ゆったりとした服装でリラックスしていましょう。

 

ところで、お腹が目に見えて大きくなる前にはじめておいたほうがいいことがあります。

それは、つぎの記事を見てもらったらわかると思います。

【妊娠線画像・妊娠線写真】これはできれば防ぎたい!妊娠中~産後

 

その他の変化

  • 乳頭から母乳のようなものが出ることがあります

 この時期から後期にかけて、乳首から透明、または黄色っぽい液体が出ることがあります。

 「何これ!もう母乳?」と慌てなくて大丈夫。これは「初乳」と言われているものです。

 初乳は出産後に出るものと思われますが、妊娠中にも分泌されることがあります。

 出産後の母乳を作る準備ができている合図ですね。

 母乳を出すために、「プロラクチン」というホルモンが乳腺に働きかけます。妊娠中でも、このホルモンは母乳を出す準備をしているのです。

 妊娠中は「プロゲステロン」と「エストロゲン」というホルモンが「まだ母乳を出してはいけない!」と指令を出しているので、出産後のように多量に母乳が分泌されることはありません。

 乳頭から分泌液が出ていたら慌てずに拭き取って、乳頭を清潔に保つよう心がけましょう。

 下着の汚れが気になるようであれば、ガーゼを挟んでおくことをおすすめします。

 

この時期に気をつけること

検診での子宮頚管検査

 子宮頚管とは、赤ちゃんがいる子宮と、膣を結ぶ部分になります。この部分の長さは、検診での内診やエコー検査でわかります。

 また、臨月を迎えるまでは、赤ちゃんが下りてこないように閉ざされています。本来、臨月に近づくと徐々に短くなるのですが、もっと早い段階で短くなることがあります。

 この場合、切迫早産の危険に結びつくことも考えられるのです。子宮頚管が短くなる原因として考えられるのが、以下になります。

  • 子宮頚管無力症
  • クラミジアなどの細菌に感染した

 子宮頚管無力症は珍しいものではありません。

 もともと子宮頚管が弱い、子宮頚管を手術したなどの理由から、早い段階から短くなったり緩んでしまったりということがあるのです。

 この場合、子宮頚管を縫い縮める手術を行います。臨月を迎えるまでは、この処置が施されたままになります。

 そして出産予定日近くで抜糸をし、お産に臨むという流れになります。

 子宮頚管無力症の診断をされても、処置を受ければまずは一安心です。安静にして過ごしましょう。

 

 もう一つの原因とされるのが、細菌感染です。

 クラミジアなどの細菌に感染し、細菌感染性膣炎、絨毛膜羊膜炎などが引き起こされ、子宮頚管に影響を及ぼすと言われています。

 これらは、内服薬や座薬で治療していきます。おりものの量が増えた、色やにおいがおかしいと思ったら、すぐに診察してもらいましょう。早い段階での治療が望ましいですね。

 また、薬の副作用もないと言われていますので、怖がらずにしっかりと服用しましょう。

 子宮頚管無力症はなかなか予防することはできませんが、細菌感染は予防することができます。下記で予防方法を説明していきますね。

 

清潔にすることを心がける

 一番は、清潔にするということでしょう。

 汚れた手で性器に触れない、それから当然ですが、下着は特に清潔に。

 また、外出先のトイレや浴場などでも感染することがあります。

 トイレは除菌してから使うようにしたほうがいいようですね。除菌シートがないトイレもありますので、持ち歩くようにしましょう。

 

免疫力を低下させない

 体力が落ち、免疫力が低下すると、感染症に罹患する恐れが高まります。

 睡眠は十分にとって、バランスの良い食事を心がけましょう。ストレスを溜めないことも大切ですね。

 でも、体力をつけたいからと言って、食べすぎには注意です!

 

パートナーと検査

仲のいい男女

 感染症は、性行為によって感染することがあります。安定期に入ると、性行為を再開するカップルも増えてきます。

 でも、万が一、パートナーが罹患していた場合、感染してしまう恐れがあります。もし、検査をするのであれば、ご自身だけでなく、パートナーと一緒に検査するようにしましょう。

sponsored links

 

まとめ

 いかがでしたでしょうか?

 今回は「妊娠19週目・安定期に入った赤ちゃんとお母さんのお腹の様子、気をつけること」についてお話ししてきました。

 19週目も、少しずつですが、赤ちゃんには様々な変化が見られるようになりましたね。内臓も少しずつできあがってきています。どんどん「人」の形になってきています。

 そして、初乳。これも妊婦さんの体がどんどん「お母さん」になってきている証拠ですね。自分の体の変化を楽しむと、より妊婦生活は快適になってきますよ!

 快適な妊婦生活をおくるためにも、検診はしっかり受けて、異常がないかを確認します。

 もし、何かあった場合は、医師の処置と受け、指導されたことはしっかりと守りましょう。

 異常が早い段階でわかれば、早産などの危険を回避できます。必ず、検診は受けましょう!

 

妊娠中に気になることは多いですよね

【妊娠線画像・妊娠線写真】これはできれば防ぎたい!妊娠中~産後

妊婦さん必見!妊娠中に好ましい食事、避けたい食事!

【子育て費用】えっ!!そんなにかかるの!?【0歳~大学卒業】

育児休暇の夫婦同時取得は可能!これは絶対に知っておきたい!

妊娠中に心配なおなかの張り。「危険な張り」ってどんなもの?

妊娠中の10の【?】~食べ物は?温泉は?コーヒーは?体重増加は?

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

妊娠しているお腹

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

つるまる

つるまる

主婦・2児の母です。
塾事務員を経て結婚、その後退職。現在、家族4人で生活中。
趣味は音楽鑑賞とゲームです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 旦那と別れたい!離婚の前に押さえておきたいポイントとは?

  • 上手に乗り切ろう!辛いつわりのピークはいつ?平均週数は?

  • 【妊娠中のカフェイン】妊婦さん必読!摂取量とその影響は?

  • 【妊娠初期の眠気】どうにも止まらない眠気の理由と対策4選